アンガ田中、山根に独裁的なネタ作りバラされ反論 「気を使って採用したら…」

相方や作家が考えたネタも全部却下するという田中卓志。その行動には真剣な理由があった。

2021/12/16 08:05

アンガールズ

15日に放送された『お笑い実力刃』(テレビ朝日系)で、お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志が相方の山根良顕によって、独裁的なネタ作りを行っていることが暴露された。



 

■山根のネタが採用されない?

今回、番組にゲストとして登場したアンガールズ。そんなアンガールズに、サンドウィッチマンの富澤たけしは、ネタ作りは田中のみが行ってるのかを尋ねた。

対する田中は「基本的なたたき台本みたいなのは、僕が100%作ってます」と答えると、一方の山根は「山根くんは(ネタを)作らないの?」という質問に「昔は(ネタを)作ったんですけど、採用されないんですよね」と返す。


関連記事:アンガ田中の“ジャンガジャンガ誕生秘話”に驚愕 「そんな経緯があったとは」

 

■作家のネタも却下

山根によると、自分の作るネタのクオリティが低いために採用されないとのことだが、田中は作家が出すネタなども全部却下するそうだ。すると、この山根からの告白にアンタッチャブル・山崎弘也からは「独裁ね」という声が上がる。

その一方で田中が「独裁って言ったら言い方アレなんですけど…」と苦笑すると、続けて山根は「採用されないんで、もうネタ出しぐらいでほぼ(ネタ作りは)やらないです」と語った。

世にも奇妙なニッポンのお笑い【Amazonでチェック】

次ページ
■「すげぇ俺悪いイメージ」
テレビテレビ朝日田中卓志アンガールズ独裁山根良顕お笑い実力刃ネタ作り
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング