今からでもできる シャープ公式が呼びかけた「家電の節電方法」に反響

今からでもできる節電方法をシャープの公式ツイッターが紹介。小さなことからコツコツと。

2022/03/22 18:45

シャープ

経済産業省は22日、電力需給逼迫警報を発令。同日午後6時時点のツイッターでは「停電の可能性」「エアコン」「節電のため」といったワードがトレンド上位に。電力需給が極めて厳しいこの状況に、節電を実行する人や、万が一の停電に備える人が相次いでいる。



 

■エアコンの節電は…

引き続き節電が求められる状況。家電メーカーのシャープは同日、公式ツイッターで「取り急ぎ、家庭の家電でできる節電行為です」と、家庭でできる各家電の節電方法をツイートした。

同日は暖房に頼らざるを得ないほどの寒さだが、エアコンについては「目安は暖房20℃、いつもより設定1℃下げるとだいたい10%電気代の節約に」「消し忘れ防止にタイマーを」「夜間はカーテン/ブラインドで断熱」「フィルター掃除を」「室外機の吹き出し口をモノでふさがない」と今からでもできる方法を呼びかけた。


関連記事:河野太郎氏、電力ひっ迫状況について秀逸な例えで節電喚起 「野球で言えば…」

 

■冷蔵庫の節電方法

また、消費電力の多い冷蔵庫についても、「熱いものをいきなり入れない」「詰め込みすぎない」「よく出すものは手前に」「ドアの開閉を減らす」「エコモードとか結露防止弱みたいなモードがあるならそれに」とツイート。

洗濯機の節電については、「できるだけまとめ洗いに」「とはいえ入れすぎ注意、とくに乾燥」「洗剤は適量に」「電力需給が逼迫するきょうは乾燥機を控えた方がいいかも」と呼びかけた。

その他にも「強いて言えばの家電節電行為」として、片付けてから掃除することで掃除機の時短になること、掃除機のゴミはこまめに捨てること、LED照明に変えてしまうこと、レコーダーのクイック起動などのモードをオフにすること、テレビのエコモードを活用するなど、今後の節電に役立つ行為も呼びかけている。

シャープ 除湿機 兼 加湿空気清浄機【Amazonでチェック】

次ページ
■もしも停電してしまったら…
トレンドツイッター家電エアコン節電シャープ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング