ヤクルト1000だけじゃない「快眠法」 寝る前にやりがちな”アレ”がNGだった

ヤクルト1000ブームで「睡眠」に注目が集まっている。専門家に快眠の秘訣を聞いてみると…。

2022/06/23 05:00

Yakult1000

「グッスリ眠れた」「目覚めが快適になった」──。「睡眠効果」があることで、ヤクルト1000が入手困難になるブームを巻き起こしている。

それだけ、日頃十分な睡眠が取れていない人が多いのだろう。専門家に「快眠法」を聞いてみると…。

【関連】寝る前にやりがちな「NG習慣」



 

■ヤクルト1oooは売り切れ

話題のヤクルト1000は、1ミリリットルあたり10億個の乳酸菌 シロタ株が含まれる機能性表示食品。一時的な精神的ストレスがかかる状況下でのストレス緩和と睡眠の質向上機能がある。

会社や学校、人間関係など、さまざまなストレスがかかる中、飲むだけでよく眠れるという手軽さが多くの人の心を掴んだのだろう。だが、同商品はいまや売り切れが続き、入手困難になってしまった。ほかにぐっすり眠れる方法はないのだろうか…。


関連記事:ヤクルト1000人気でスーパーの店員が”悲鳴” 「入荷が追いつかない…」

 

■「浅い睡眠の人が多い」

自律神経にアプローチする治療法で頭痛患者を救ってきた実績のある頭痛セラピー協会の日比大介さんは、「質のいい」睡眠を取ることが大切だと指摘する。

「睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。眠り始めはレム睡眠で瞼の下で目がまばたきしている仮眠状態で、3時間ほど経つと目が動かず話しかけられても起きないノンレム睡眠になります。ただ、残念ながら浅い睡眠状態で寝ている人が多いです」(日比さん)。

次ページ
■頭も体も疲れさせる

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク【Amazon】

スマホ睡眠筋トレ快眠ヤクルト1000レム睡眠ノンレム睡眠
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング