明石家さんま、現代は不可能な漫才ブーム時代の集客法暴露 「インチキな…」

明石家さんまが、漫才ブーム時代にはいまでは考えられない手法で集客していたと明かし…。

2022/07/03 08:25

明石家さんま
(写真提供:JP News)

2日放送『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に再ブレーク中のベテランコンビのおぼん・こぼんが登場。明石家さんまと昔話に花を咲かせ話題となっている。



 

■漫才ブーム以来の再会

芸歴57年、長年の不仲を解消・仲直りして再ブレークを果たしたベテランコンビのおぼん・こぼんが登場すると、さんまは「40年ぶりくらいなんですけど、あのときからちょっと仲悪かったっていう…」とイジって笑いを誘う。

「若くしては会うてんねん。若いときの顔しか知らんねん、俺」「40何年ぶりかも、漫才ブームのときですから」とさんまが再会を喜ぶと、こぼんは「あのときヒドかったよ」と漫才ブーム時代の思い出を振り返っていく。


関連記事:マヂラブ野田クリスタル、ダウンタウンの漫才に感激 「夢見てた気がする」

 

■看板にはさんまの名が…

「渋谷の公会堂で明石家さんまさん(が出演する)っていう看板があるのよ。で、来てるのがのりよしさん(西川のりお・上方よしお)。(さんまが)具合が悪いっていう話で心配してたのよ」と病欠のさんまの代役として西川らが舞台に立っていたと、こぼんは解説。

おぼん・こぼんが、さんまの体調を心配して西川らに話を聞くと「ギャラの高いほう行ってまんがな」と答えたと回顧。看板に大人気だったさんまの名前だけ出して、さんまは別の現場に行っていたと語られた。

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

次ページ
■客にはバレない?
テレビ明石家さんま吉本興業陣内智則さんまのお笑い向上委員会おぼん・こぼん西川のりお上方よしお
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング