中居正広、急性虫垂炎のつらさ語る 『プロ野球魂』は「クソ痛いときに収録」

急性虫垂炎で緊急手術を行った中居正広が、症状のつらさや手術までの経緯を語った。

2022/07/23 14:00

中居正広

急性虫垂炎の手術を行った中居正広が、23日放送の『中居正広のキャスターな会』(テレビ朝日系)に術後初出演。入院・手術までの経緯や、症状のつらさを赤裸々に語った。



 

■早朝に目覚める腹痛

手術のための緊急入院により、先週の放送を欠席している中居。復帰後初出演となるこの日は、冒頭で共演者に「ご心配おかけしました」などと挨拶する。

症状について聞かれると、猛烈な腹痛があったことを告白。「おかしいなと思ったのが、夜、お腹痛いなと思って、痛み止めを飲んで寝て。次の日、また早朝4時とかにすぐ目覚めちゃって。痛くて」など、苦しい様子を伝えていった。


関連記事:和田アキ子、『音楽の日』で緊張も… ある出演者に「とても助けられた」

 

■きょうの特番は「クソ痛いときに収録」

続けて「ほんで、おかしいなと思って病院行って」と明かしたが、その日は点滴を打ち、きょう放送の『中居正広のプロ野球魂2022』(同系)収録に臨んだそう。

しかし、点滴ではしのげなかったのか「クソ痛いときにその収録があったんですよ(笑)」と苦笑い。翌日、『音楽の日2022』(TBS系)全体打ち合わせ前に病院へ行き、その場で手術が決まったと明かした。

中居正広 しゃべり屋の本懐 MCに懸けた男の13の言葉【Amazonでチェック】

次ページ
■泣く泣く仕事をキャンセル
テレビ劇団ひとり中居正広急性虫垂炎中居正広のプロ野球魂中居正広のキャスターな会音楽の日2022中居正広のプロ野球魂2022
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング