サンド伊達が作る「伝説のお好み焼き」が激ウマ インパクトがスゴすぎる…

サンドウィッチマンの伊達みきおがよく作っていたというオリジナルお好み焼き「伊達焼き」。実際に食べてみたら…。

2022/09/07 03:30

サンドウィッチマン・伊達みきお

アレンジも自在で、安くてお腹いっぱい食べられる「お好み焼き」。お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおが相方富澤たけしや後輩たちによく振る舞っているという伝説の「伊達焼き」をSirabee編集部が実際に作ってみた。


画像をもっと見る

 

■豪快な具材に驚き

伊達焼き

材料はお好み焼き粉、揚げ玉、紅しょうが、キャベツ、豚バラ肉、山芋などスタンダードなものに加えて、餅、うどんが加わる。なお、山芋は粘りの強い「やまと芋」、ソースはオタフクソースがおすすめだという。

伊達焼き

まずは、バターでうどんを炒め、そこにごま油を加えて塩コショウで味をととのえる。うどん1玉あたり2人前は作れるので、くれぐれも量には気をつけてほしい。

伊達焼き

次に生地作り。千切りではなく「ざく切り」にしたキャベツ、お好み焼き粉、水、おろしたやまと芋を加えて混ぜ、さらに卵、揚げ玉、紅しょうが、餅を加えたら完成。

分量は決まっていないため各々で調整してほしいが、伊達が『ラヴィット!』(TBS系)や、所属事務所のYouTubeチャンネルで披露した際の映像を見ると、生地は水が少なめでドロっとした印象だった。


関連記事:笑福亭鶴瓶、断ってもサイン求めるファンへの対処法 「ごっつい腹立って」

 

■うどんをサンドする

伊達焼き

今回はホットプレートではなくフライパンで作る。生地を半分ほど入れ、そこに先ほどのうどんを敷き、その上から残りの生地をかけて「サンドイッチ」にするのがポイントだ。

伊達焼き

生地の上に豚バラ肉を敷き、蓋をして5分ほど蒸し焼きに。さらにひっくり返して焼き色をつけよう。

オタフクソース お好み焼こだわりセット【Amazonでチェック】

次ページ
■最後にもうひとつポイントが…
お好み焼き話題サンドウィッチマン富澤たけし伊達みきお川島明ラヴィット!
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング