『時をかける少女』に登場のアーチ、今日で撤去… 決意の裏に「3年前の苦悩」

人気アニメ『時をかける少女』。同作にまつわる「聖地」がなくなろうとしていて…。

2022/09/14 04:15

「時をかける」アーチ

2006年に公開されて以来、たくさんの人に愛されているアニメ映画『時をかける少女』。東京・新宿区上落合には同作のモデルとなったアーチがある。

長らくファンの間で「聖地」とされてきたが、そんなシンボルが今日なくなろうとしていて…。

【関連】商友会会長が明かした「舞台裏」


画像をもっと見る

 

■映画にも登場するモデル

『時をかける少女』は、あるきっかけで過去に遡ってやり直せる「タイムリープ」という能力を身につけたヒロインの、淡い恋の行方と心の成長を描いた物語。映画公開から16年経つが、いまだに根強い人気を誇っている。

時をかける少女アーチ

同作には「倉野瀬商友会」というアーチが登場するが、そのモデルは新宿区上落合にある「中井商友会アーチ」だ。同アーチは1990年に設置されたもので、アーチ中央には時計や鈴が配され、懐かしさを感じるデザインが特徴。多くのアニメファンの間で「聖地」として愛されてきた。


関連記事:大谷翔平選手、本塁打、マルチヒットに盗塁の大活躍 ファンは「気分最高」

 

■すでに文字がなくなって…

だが、9月初めにネットがざわついた。このアーチが9月14日の夜間工事によって撤去されることが発覚したからだ。ファンの間では、「聖地」がなくなることを悲しむ声があがっている。

時をかける

撤去数日前の9月中旬、記者が足を運んでみるとすでに「中井商友会」の文字がなくなっていた。着々と工事が進んでいるようだ。

なぜ撤去されることになったのだろうか。中井商友会の会長を務める五十嵐功さんに話を聞いたところ、驚くべき「舞台裏」が明らかになった。

未来から来たって言ったら、笑う?【Amazonでチェック】

次ページ
■脳裏をよぎった「3年前」
アニメ聖地時をかける少女工事タイムリープ上落合
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング