バーガーキング、他社がお月見してる間に悪魔を召喚 「王者の風格」と話題に…

競合他社がこぞって月見をしている間、バーガーキングのとった選択が話題に。「これぞ王者の風格」と称賛の声が上がっている。

2022/09/14 04:45

バーガーキング

「帝王学」と呼ばれる教育をご存知だろうか。こちらは伝統ある家系・家柄などにおいて、特別な立場にある人物が、相応しい能力を養うため、徹底的に叩き込まれる教育を指す。

なお現在ツイッター上では、我らがバーガーキングの威風堂々たる佇まいが「王者の風格」と話題を呼んでいるのだ。


画像をもっと見る

 

■9月のハンバーガーといえば…

ケンタッキー・フライド・チキンは8月末より「とろ〜り月見サンド」を販売開始しており、7日にはマクドナルドが「月見バーガー」「チーズ月見」といった新商品を多数販売開始し、コメダ珈琲店も「フルムーンバーガー」なる新商品を発売。

そして本日14日からはモスバーガーが「月見フォカッチャ」を販売開始…と、完全にファストフードチェーン業界は「月見一色」というより、もはや「お月見戦国時代」と表現しても違和感のない状態に突入している。

既に複数の商品をチェック済みというリピーターも多いはずだが、この「お月見戦国時代」に独自のスタンスを崩さないバーガーキングに称賛の声が寄せられているのだ。


関連記事:これウマすぎ… ロッテリアの「ハワイアン」バーガーがかなりのハイレベル

 

■「一社だけ悪魔召喚してる」と話題に

前出の通り「月見」を連想させる卵をふんだんに使用した新商品が勢揃いした中、我らがバーガーキングでは9日から29日の3週間限定で「ディアブロ・ガーリックダブルチーズバーガー」(単品・1,390円、セット・1,690円、いずれも店内利用価格)なる新商品を販売開始。

念の為繰り返しておくが、「ディアブロ・ガーリックダブルチーズバーガー」である。「ディアブロ」はスペイン語で「悪魔」を意味するが、一社だけ明らかに浮いていると言っていいだろう…。

10月よりTVアニメ最新作にしてシリーズ最終章『BLEACH 千年血戦篇』が放送開始となる。漫画『BLEACH』作中には「巨人の右腕」と書いて「ブラソ・デレチャ・デ・ヒガンテ」と読ませたり、「悪魔の左腕」と書いて「ブラソ・イスキエルダ・デル・ディアブロ」というルビの振られた必殺技が登場し、同作のファンからは「オサレ(お洒落とほぼ同義)すぎる」と称賛の声が多数寄せられているが、「ディアブロ・ガーリックダブルチーズバーガー」を初めて見た際に記者が味わった高揚感は、間違いなく思春期に『BLEACH』を呼んでいたときに見出したそれであった。

なお、ツイッター上では同商品に対して「他社がお月見してるのに、一社だけ悪魔召喚してるの好き」「バーガーキング、一生ついていくぜ」「この媚びない姿勢こそがキングの名に相応しい」などの称賛の声が多数寄せられていた。

バーガーキング

しかしバーガーキングはなぜ、楽しい月見を捨ててまで「悪魔召喚」という修羅の道を突き進んでいるのだろうか…。バーガーキング側にことの経緯を尋ねたところ、かの有名な「引かぬ、媚びぬ、省みぬ!」なる名言が聞こえてきそうな回答が返ってきたのだ。

いつも隣にバーガーキング!【Amazon】

次ページ
■この構造…「悪魔的」だ…!
ツイッターハンバーガー新商品話題バーガーキング月見
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング