ドンキ、「チューナーレステレビ」大ヒットの裏で 知られざる”苦闘”があった…

ドンキの「チューナーレステレビ」が絶大な人気を誇る。知られざる舞台裏があって…。

2022/09/21 04:15

ドン・キホーテ

NHKも、地上波も、BSも映らない──。「チューナーレステレビ」が大ヒットし、様々な企業が市場に参入している。

その先駆けとなったのが、ドン・キホーテだ。今やすっかり大人気になったが、大ヒットまでには知られざる「苦闘」があったようで…。



 

■若い世代にも刺さる

「チューナーレステレビ」は、一般的な地上波用チューナーを内蔵していない代わりにNetflixやYou Tubeなどのネット動画を視聴できる基本ソフト「android TV」を搭載したテレビだ。昨今、若い世代の「テレビ離れ」が囁かれているが、そうした世代の興味もそそったようだ。

大学生になって東京に上京し、現在社会人2年目の男性Aさんも「チューナーレステレビ」の購入を検討しているという。「大学から一人暮らしを始めましたが、テレビは買いませんでした。かれこれ6年以上テレビがない生活をしていますが、暇な時はNetflixでいくらでも時間が潰せるので、特に困ることはありません。ただ、大画面で動画が見られるのは魅力的なので、買おうか迷っています」(Aさん)。


関連記事:Amazonタイムセール Jackeryのポータブル電源・パネルがお買い得

 

■大型モデルも発売

今や様々な企業が「チューナーレステレビ市場」に参入しているが、ドンキはその先駆けとなった。昨年12月に24型(2万1,780円)と42型(3万2,780円)を計6,000台販売したところ、約1ヶ月で完売。

チューナーレステレビ

8月19日には、43型(3万8,280円)と50型でいずれも4K対応の「チューナーレススマートテレビ」(4万3,780円)の大型モデルを発売するなど、さらなる「進化」を遂げている。大型の「チューナーレステレビ」はいかにして世に放たれたのだろうか。

ドンキを運営する『パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス』(PPIH)に取材したところ、知られざる裏側が明らかになったのだ。

大型テレビでも安心【Amazonでチェック】

次ページ
■初代は苦戦を強いられた
テレビNetflixドン・キホーテYou tube地上波ドンキチューナーレステレビ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング