AirDropで自分のヌード写真をランダム送信 セクシーモデルの非常識行動に批判殺到

わいせつな画像を送り付け、反応を楽しむ「AirDrop痴漢」が増えているという。

2022/09/30 07:30

スマホ・スマートフォン・携帯電話・女性・美女

SNS上でファンを増やそうとして、他人の迷惑を考えずに行動するユーザーが後を絶たない。

あるセクシーモデルが、自分のヌード写真をランダムに送信したことで非難の声が殺到し、『The Sun』や『Daily Star』などの海外メディアに取り上げられた。



 

 

■18禁のSNSで人気のモデル

アラスカ・クラークさんは、「OnlyFans」というサブスクリプション型ソーシャルメディアで活躍する、人気セクシーモデルだ。

18歳以上の人だけが登録可能なOnlyFansは、2016年にイギリスで誕生したサービスで、使用する人は毎月の利用料を支払わなければならない。その代わりに、InstagramやTikTokといった、規制が厳しいSNSでは投稿できないようなコンテンツを閲覧することが可能になる。


関連記事:ダブル不倫の末にリベンジポルノ被害に 夫にバレた女性の壮絶体験

 

■AirDropでヌードを送信

OnlyFansはアダルト向けに作られたサイトというわけではないが、性的なコンテンツに寛容なため、ポルノ女優やグラビアアイドルなどが多く登録している。

このOnlyFansで人気を博し、ポルノ動画に出演した経験もあるアラスカさんだが、このほど彼女がTikTokで投稿した動画にファンから批判が集まった。

問題の動画では、空港で飲み物を飲むアラスカさんの姿と、「空港で、回りの男性たちに私のヌード写真をAirDrop送信しています」という文字が映し出されている。

インターネットポルノ中毒 やめられない脳と中毒の科学【Amazonでチェック】

次ページ
■知らない人へも送信可能
SNSiPhoneInstagram空港イギリスヌードTikTokAirDropわいせつ画像翻訳記事OnlyFans
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング