明石家さんまが家電量販店で爆買い 高額商品購入に「劇場出なあかんかな」

『週刊さんまとマツコ』で明石家さんまのテレビ購入ロケを決行。勧められるままに爆買いしていき…。

2022/11/14 07:15

明石家さんま

13日の『週刊さんまとマツコ』(TBS系)では、明石家さんまの「自宅のテレビを購入する」家電量販店でのロケを放送。テレビ以外も爆買いの止まらないさんまの姿に、視聴者から驚きの声が漏れている。



 

■家電量販店でのロケ

「緑色に映るようになった」と、以前から自宅テレビが故障中だと明かしていたさんま。

自宅のテレビサイズがあやふやだったため前回は購入を見送ったさんまだが、今回は自宅テレビのサイズ・インチを改めて確認してきたと主張。マツコ・デラックスと土田晃之が同行し、家電量販店・コジマ×ビックカメラ 江戸川店での買い物ロケを決行する。


関連記事:さんまの食レポにマツコもツッコミ 『週刊さんまとマツコ』2週連続ロケ企画

 

■ブルーレイレコーダーも

15年前には最新だったPanasonic製・55インチのテレビを愛用していたさんまに勧めたのが、同メーカーの『有機EL VIERA』77インチ。これを即決し続けてハードディスクも買い替える流れになり、ハイビジョン放送10chを28日間録画できる6TBのブルーレイレコーダーを選ぶ。

ここでさんまが改めて価格を確認するとテレビが約80万円、ブルーレイレコーダーが約16万円と判明。さんまは想定外の高額商品に驚き、「年末スペシャルもう1本(やらせて)」、マツコも「コジマさん、スポンサーになってよ」と店員に嘆願し笑いを誘った。


■合計で…

さらに寝室にある14インチのテレビも買い替えたいと明かし、約6万円の32インチのハイビジョンテレビに買い替え。ほかにもHDMIケーブルや炊飯器、電気ポットなど必要な家電を買い揃えていったさんま。

ほぼ即決、周囲に言われるがままに購入した合計額は約115万円。マツコが「目指せ200万円」と煽ると、さんまは「劇場出なあかんかな」と頭を抱える仕草をして場を盛り上げた。


■視聴者も感嘆

大御所芸人のさんまらしい爆買いぶりに視聴者も感嘆。

「さんま師匠、6TBのHDDレコーダー買うのとか凄すぎ」「これくらい値段気にせず電化製品買い物したいな」「さんまさん、テレビ本体のことなーんも知らなくて可愛い」といった感想を寄せている。

・合わせて読みたい→永野、さんまとマツコの関係に嫉妬 “若手のバイブル”に『さんまと永野』提案

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

→Amazonバレンタイン特集2023 ギフトやご褒美に、定番チョコから人気のブランドまで

テレビ家電量販店マツコ・デラックス明石家さんま土田晃之Panasonic週刊さんまとマツコ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング