日本一初見殺しなトンネル、内部構造に目を疑う ドライバーは「絶対無理です…」

愛媛県に存在するトンネル。その内部で発見された「衝撃の光景」に驚きの声が上がっており…。

2022/11/29 04:45

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」というワンセンテンスは、日本文学の中で最も有名な書き出し。

ところで以前ツイッター上では、トンネルを抜けた際…でなく、トンネル内部で発見された「衝撃的な光景」に、驚きの声が寄せられていたのをご存知だろうか。

【話題のツイート】ここトンネルの「中」ですよね…?


画像をもっと見る

 

■「トンネルの中」で遭遇したのは…

今回注目したいのは、日本各地で生きる人々の生活や昔の記憶、伝承などを記録して著作にまとめている紀行写真家・道民の人さんが投稿した1件のツイート。

こちらの投稿は「愛媛県八幡浜市には『トンネルの中にトンネルがあるトンネル』という謎の道路が存在する。5mほどの幅のトンネルが、途中で3mちょっとという軽自動車がギリギリ通れるくらいの広さに小さくなってしまう」と、奇妙な構造をしたトンネルについて綴られている。

大峠隧道

果たしてそのようなトンネルが実在するのだろうかと、半信半疑で添えられた写真に目をやると…そこには確かに「内部にトンネルを有したトンネル」の様子が確認できたのだ。


関連記事:一見普通の信号機、じつは「日本一危険」と判明 凄まじい初見殺しが話題に…

 

■「めちゃくちゃ気になる」と反響

大峠隧道

ちなみに「トンネル」の定義について「日本トンネル技術協会」公式サイトでは「一般に『2地点間の交通と物資の輸送あるいは貯留などを目的とし、建設される地下の空間』で断面の高さあるいは幅に比べて軸方向に細長い地下空間をいいます」と説明している。

こうした目的を考慮すると、余計に「トンネルの中にトンネルが存在する」理由について、謎が深まっていくばかり…。記者同様に戸惑いを感じた人々はかなり多いようで、件のツイートは投稿から数日で約3,000件ものRTを記録するほど、大きな話題に。

ツイッターユーザーからは「閉所恐怖症なので、絶対無理です…」「地元民ですが、知りませんでした」「めちゃくちゃ気になる。一回行ってみたい」といった具合に、反響の声が多数寄せられていたのだ。


■慣れないうちは注意が必要?

過去にも北海道の主張が強すぎるバス停や、山形県の「芋煮愛」を感じさせるベンチなどのツイートが話題になるなど、日本全国を訪れているツイート投稿主・道民の人さん。

愛媛県

じつは本人は大の四国好きで、今回改めて話を聞いたところ「今では年に最低4回は四国に行かないと気分が優れなくなります」というコメントも飛び出し、もはや「四国ジャンキー」と呼んでも過言ではないほどの熱愛ぶりであった。

話題となったトンネルの存在自体は以前から知っていたそうで、実際に車で通過した感想については「軽自動車でも車幅がギリギリで、トンネルの中にトンネルがあることから距離感も狂い、慣れないと通りにくいなあ…とヒヤヒヤしました」とも振り返っている。

大峠隧道

話題のツイートには「なぜこのような構造のトンネルが生まれたのか」という経緯をまとめたツリー投稿が連なっており、道民の人さんの四国愛はもちろん、探究心の強さが感じられた。

そこで今回は件のトンネル「大峠隧道」の詳細をめぐり、愛媛県の「八幡浜市役所」に詳しい話を聞いてみることに。その結果、じつに驚きの「舞台裏」が明らかになったのだ…。

愛媛のコレが美味しい時期になってきました…!【Amazon】

次ページ
■このトンネル、歴史が激動すぎる…
ツイッター話題四国トンネル愛媛県工事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング