「がっちゃんこ」「ツーカー」若者には使用厳禁? “おじさんビジネス用語”1番伝わらないのは…

きょう朝に放送された『DayDay.』で特集された“おじさんビジネス用語”。「音頭をとる」「鉛筆なめなめ」などの用語が取り上げられたが、とくにZ世代に伝わらなかったのは…。

2023/06/20 13:45


若者・スマホ

きょう20日に放送された、南海キャンディーズ・山里亮太とフリーアナウンサー・武田真一らがMCを務める朝の情報番組『DayDay.』(日本テレビ系)。番組内で特集された「おじさんビジネス用語」に、ネットでは若者をはじめ当事者の“おじさん”から、さまざまな声が沸き起こっている。


 


 

■「おっさんビジネス用語」認知度調査

同番組が取り上げたのは、無料語学学習アプリ「Duolingo」がZ世代に実施した「おじさんビジネス用語」の認知度ランキング。

具体的には、「全員野球」「がっちゃんこ」「ツーカー」「一丁目一番地」「よしなに」「エイヤ」「正直ベース」「鉛筆なめなめ」「ロハ」「ガラガラポン」「あいみつ」「音頭をとる」といった10の用語について、1990年代後半〜2012年ごろに生まれた“デジタルネイティブ”とされるZ世代に、正確な意味を答えられるかの調査が行われた。


関連記事:出川哲朗、今どき世代に『ツーカー』が伝わらず衝撃 「ウソでしょ?」

 

 

■1位は「音頭をとる」

そのランキングで、もっとも認知度が高かったのが「音頭をとる」で27.2%。つづいて2位に「がっちゃんこ」22.0%、3位が「ガラガラポン」で19.6%。上位の用語でも全体の2〜3割という認知度となった。

後続は「全員野球」や「ツーカー」など10%代が続き、9位は「鉛筆なめなめ」で11.6%。そして、10位の最下位にランクインしたのは…「相見積もりを取る」という意味の「あいみつ」で10.8%となり、Z世代の1割しか意味がわからないという結果となった。


関連記事:日本人の約9割が「ベガ立ち」の意味知らなかった これはベガ様もブチ切れるレベル…

 

 

■若者「1個も知らんし」

この結果について、ツイッターでは「全然知らん…」「『なんじゃそりゃ』って聞いてた」「ゆとり世代のわたしですら1個も知らんし」など、若者の認知度の低さを再確認できる声が。

さらには、「おじさん構文をあわせて使う猛者が現れたら逆に最高」「『ゼロックスしておいて』と言われたときは分からなかったよ。※ゼロックス=コピー」といった、“合わせ技”を提案(?)する声や、新たな用語を例に挙げる人もいた。


関連記事:ROLAND、Z世代の女性に苦手意識? 「若者との接し方の教本」愛読も…

 

 

■“おじさん”世代の意見は…

一方で、「Z世代の流行語のほうが圧倒的に意味不明」「『よしなに』っておじさんビジネス用語なんだ」「若い子たちは相見積もりのことは普通に相見積もりっていうんか」「頻繁に使うからなんか悲しい」などの声も。

職場などで関わる可能性が高い世代同士の“言語の壁”が露呈された、今回の結果。コミュニケーションを円滑に進めるためにも、略語などを使わずに会話をしたほうが良さそうだ…。

・合わせて読みたい→ROLAND、Z世代の女性に苦手意識? 「若者との接し方の教本」愛読も…

(文/Sirabee 編集部・寝惚まな子

ビジネス用語図鑑【Amazonでチェック】

日本テレビ山里亮太デジタルネイティブビジネス用語Z世代おじさん構文DayDay.武田真一おじさんビジネス用語Duolingo
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ