村上宗隆は「肩が入りすぎている」 元ヤクルト・宮本慎也氏が不調の要因を分析

宮本慎也氏がのヤクルト・村上宗隆選手の「不調の要因」を独自解説。

2023/06/24 07:25


村上宗隆

元東京ヤクルトスワローズの宮本慎也氏が、YouTube「野球いっかん!」チャンネルで村上宗隆選手の「不調の要因」を解説した。

【動画】宮本慎也氏が村上宗隆選手の不調の要因を分析


 


 

■村上宗隆選手の現状に…

宮本氏と元北海道日本ハムファイターズ投手で昨年まで阪神タイガースのピッチングコーチを務めた金村暁氏が出演した今回の動画。

2022年セントラル・リーグ三冠王、王貞治氏を超える56本のホームランを放った村上選手の現状について金村氏は「なんだかんだ言いながら、村上もホームランが11本まできているでしょ。やっぱり行くなと思っていて」と話す。

そして「打率が上がってないんですけど、ホームランが出て打点も稼いでいるし、村上じゃなくて(不調なのは) 山田哲人だったりすると思っていて」と「そこまで不調ではないのではないか」という見方を示した。


関連記事:坂本勇人が打撃不振に陥った理由は… 江川卓氏が独自分析

 

 

■期待度が変わっている?

この意見に宮本氏は「彼に対する期待度が変わっているから。試合を決める一打というのは去年より少ない。そこで打てていないというのはある。チャンスで凡退している」と指摘する。

すると金村氏も「打っているときは良いフォーム」としたうえで「去年、僕は彼を対策しようとしていた立場の人間なので、明らかな違いは感じますよね」とコメント。

そして「去年は低めを振らないし。今、3分の1終わった時点で、去年の半分三振をしているんですよ。ピッチングコーチから見ていたら、頭がすごい動くようになったんです、今年」と話した。


関連記事:村上宗隆、WBC初本塁打にファン興奮 準決勝活躍から「村神覚醒してて草」

 

 

■不調の要因は…

金村氏はさらに「去年って絶対軸足のうえに頭があって、そのままで前が出ないから。ポイントを近めにおいていたから低めを振らなかったんですよ。今年は動いて戻すみたいな感じの、頭の動きが気になっている。下半身もグラグラしたりとか」と分析する。

話を聞いた宮本氏は「行って、戻ってと金村が表現したのは完全に肩が入りすぎて、踏み込みやすい状況になっている」「すごく踏み込む形になって、距離が詰まっちゃうから、 逃がさないと打てないよね。そうなったらバットもヘッドの返りが早くなって、空振りするかゴロになる」と指摘。

そして「肩の入りは徐々に収まってきているけど、ヘッドの返りが早いからゴロが行きやすい」と話した。


関連記事:「今年の巨人は強い」と金村義明氏が断言 阿部慎之助ヘッドの仕事に持論も

 

 

■「良くなる可能性もある」

スタッフから「あれだけホームランを打った方がそんなことに…」と声をかけられると、「なるんだね。俺も思った」と宮本氏。

続けて「ある程度バッティングというものはこういうものだと、つかんだと思っていた。まあ、まだまだ良くなる可能性もあるということですよ、まだ若いですから」とコメントしていた。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■宮本氏が村上選手の不調の要因を分析
野球東京ヤクルトスワローズセントラル・リーグ村上宗隆宮本慎也金村暁
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ