柴咲コウ、年齢が“女優業に与える影響”を語る 「ちょっとネガティブに…」

『ボクらの時代』に出演した柴咲コウ。歳を重ねたことで「女優業」に与えている影響を解説して…。

2023/09/17 12:30


柴咲コウ

17日放送『ボクらの時代』(フジテレビ系)に女優・柴咲コウが登場。年齢を重ねた現在の「女優業」への本音を語り、話題を集めている。


 


 

■共演役者3人が集合

同番組は、さまざまなジャンルで活躍する3人が集まり、台本のない、自由な会話を楽しんでいく流れ。

今回は映画『ミステリと言う勿れ』で共演した柴咲と菅田将暉、松下洸平が集まり、仕事や私生活の話題に花を咲かせた。


関連記事:菅田将暉、LINEへの苦手意識を告白 未読件数に「笑った」「びっくり」

 

 

■役者をやめる選択肢

芝居に対して楽しさとやりがいを感じながらも、「苦しみもある」と柴咲は触れ、「やめるっていう選択肢はある?」「いままでもだし、これからも…」と菅田・松下に尋ねる。

菅田は「やめようかなはないかな」と答えたあと、2人に「あります?」と問いかけると、柴咲は「ない」と即答。「ただ(いろいろなものを)作るのが好きだから、今後その…表に出ることに意義を感じるかどうか、その、同じ熱量でっていうのは(難しいかもしれない)」と本心を明かす。


関連記事:菅田将暉、結婚して“1番変わったこと”を熱弁 「普通の暮らしを丁寧に…」

 

 

■女性が求められるのは…

そこから「男性とは違うところって、どうしても女性・女優さんってその…なんていうのか『見た目』を求められたりするし、そのフェイズが如実に変わっていくのが女性だと思うから」と柴咲は主張する。

男性の場合は年輪のように歳を重ねていきそれが渋さになっていくため、「それが楽しいし、観ているほうもいろんな年齢の菅田将暉を期待できるし、『観てたいなぁ』って思う」と解説。

対して女性の場合は「ちょっとネガティブになっちゃうというか、歳を重ねることが」と強調。「それは打破していきたいと思うんだけど、違う意義・意味を持てる自分でありたいと模索しながら、その歳その歳を生きていきたいな、表現したいなと思うけど、そのエネルギーがいつまで続くかは正直わからない」と熱弁した。


関連記事:滝沢カレン、ジブリ新作で声優を担当したキャラが意外すぎて… 「まさか」「かわいい」の声

 

 

■「頷きまくる」視聴者も

女性・女優としての加齢の悩み、本音を赤裸々に語った柴咲。

視聴者からは「柴咲コウさんの女優ならではの悩みのお話。ハリウッド方面でも聞いたことがある」「女優さんと一般人なのに柴咲コウさんのお話しに頷きまくる!」「ずっーと主役張ってた女優さんも40代くらいになると次の誰かに取って代わる感じ。考えさせられた」とさまざまな声が寄せられている。

・合わせて読みたい→滝沢カレン、ジブリ新作で声優を担当したキャラが意外すぎて… 「まさか」「かわいい」の声

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

柴咲コウ『LIFE THE KO 生きるを活かす9つのこと』【Amazonでチェック】

テレビ女優年齢菅田将暉ボクらの時代柴咲コウ松下洸平ミステリと言う勿れ
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ