金持ちは「風水」を信じないことが判明!?ブームを支えるのは実は…

風水

©iStock.com/Lalith_Herath

部屋の西側に黄色いものを置くと金運アップ」「観葉植物を置くと、気のめぐりがよくなる」などと聞いたことがある人もいるだろう。これらは、「風水」の考え方に基づいたインテリアのアドバイス。

風水は、古代中国から伝わる思想で、地理学と占いを組み合わせたもの。日本にも、奈良時代より前に伝来し、平城京や平安京の設計にも、風水の考え方が活かされたという。

近年の風水ブームは、1990年代から風水をタイトルにした書籍が出始めてから。今では、アマゾンで「風水」と検索すると2400冊以上の書籍がヒットする。

風水本

画像はAmazonのスクリーンショット

しかし、これらを実際に気にしている人は、どれくらいいるのだろうか? 全国20〜60代の男女1345名に聞いてみた。


 

■風水を気にして生活している人は約1割

風水気にする

「ブーム」というには意外と少なく、日々気にしている人は1割強のようだ。風水ファンは、どのような人たちなのか? 年代別に見てみると…


関連記事:【年収700万以上に注意?】恋愛で「ひどい別れ方」をしたことがある割合が判明!

 

■風水ブームは4、50代女性が支えている?

風水年代別

ほとんどの年代で、女性が男性をかなり上回っているのがわかる。もっとも風水を気にしているのは40代女性で、およそ4人に1人。次いで、50代女性が続く。

風水は、家の間取りやインテリアにまつわることが多いため、持ち家を手に入れた世代の関心が高く出ているのかもしれない。


■年収1000万以上はほぼ気にしない風水で「金持ち」になれるの?

数ある風水本のタイトルで目立つのは、「お金持ち」「億万長者」といった、実利をアピールする売り文句。ということは、風水が本当に効くのなら、「年収が高い人ほど気にしている」というデータになるはずだが…

風水年収別

実際は、まったく異なる結果となった。風水の「支持率」は、年収500〜700万円の平均的な層でもっとも高く、1000万以上がいちばん低くなっている。

つまり、お金持ちの成功は風水を気にした結果ではなく、一般庶民が金持ちに憧れて読むのが風水の本、というところだろうか。

(文/しらべぇ編集部・猫山ニャン子

qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日
対象:20代~60代の男女1345名


あなたにオススメ