18歳選挙権ってどう?『TOHYO都』イベントで聞いた10代の本音

社会

2016/06/10 09:00

TOHYO都
画像は「TOHYO都オフィシャルサイト」のスクリーンショット

東京都選挙管理委員会が主催する「18歳選挙権」の周知キャンペーンがある。その名も「TOHYO都」。

6月4日、5日に東京・新宿ステーションスクエアで、「TOHYO都」のフリーイベント『TOHYO CYPHER』が開催された。同イベントはヒップホップと選挙をかけ合せた内容。般若や、KEN THE 390など人気ラッパーが集結。

sirabee20160608senkyo1
画像は「般若オフィシャルサイト」のスクリーンショット

そんな彼らが「投票の大切さ」を訴える、ということで、ヒップホップ好きの若者が多く集まり、MCバトルや、ライブステージの盛り上がりはものすごい。

しかし、このイベントを観覧することによって、実際に若者たちは「投票へ行こう」という気になっただろうか。あるいは「18歳選挙権」に対して意識が変わった、という10代男女はいるのか。

しらべえ取材班は、同イベント終了後、会場に来ていた10代の若者たちに「18歳選挙権についてどう思うか」という質問をぶつけてみることに。


 

■初めて「18歳選挙権」について知った

取材班がまず質問を試みたのは、満19歳の専門学校に通う男性。

「正直、『18歳選挙権』のことは、知らなかったです。今日、このイベントをツイッターの告知で見て実際に来て、それで初めて知りました。自分の尊敬するラッパーに『行け』って言われたら、投票、行ってみようかなって


10代に支持のあるラッパーたちを起用したのは、戦略として正解だったのだ。この男性のように、同イベントをきっかけに「18歳選挙権」を知った人は、意外と少なくないかもしれない。


関連記事:自分のことは棚上げ!? 「選挙に行かない異性はイヤ」と思う人は投票率よりも…

 

■イベントは楽しかったけど…

17歳の女子高生は、率直な思いを吐露してみせる。

「ラップバトルとかライブとかは面白かったですけど、あんまり、選挙に行きたいっていう風には思わなかったです。どうして選挙に行ける年齢を下げるのかも意味がわからない。18歳になっても、行かない気がします…」


女子高生は「自分の一票で何かが変わるとは思えない」ということも口にする。まさに本音である。


■意思表示をすることが大事

そんな意見もある中、18歳になったばかりという男子高校生は意欲的であった。

とりあえず『投票に行く』ことが大事なのかなって思いました。ラッパーの方も言ってましたけど、結果どうこうよりも意思表示みたいな。今日は友達と来たんですけど、投票、一緒に行こうって話してました」


ラップは、ダイレクトに伝えられない意思を、韻に託して送り出す音楽。つまり、ヒップホップも投票も、根っこは一緒。意思表示こそが大事なのだ。

大盛況のうちに終わった『TOHYO CYPHER』。東京都選挙管理委員会には、これからも精力的に「18歳選挙権」の周知キャンペーンを、こういったイベントなどで形にしていってほしい。

結果はどうであれ、若者が選挙に対して考えるきっかけにはなりそうだ。

・合わせて読みたい→公職選挙法改正で高校生も有権者に! 「成人」とはいつからか?【法律コラム】

(取材・文/しらべぇ編集部・倉木春太


あなたにオススメ