写真なし、文のみなのに… 『壇蜜日記』はなぜこんなにもエロいのか

壇蜜が出版記念記者会見で語ったのは…

2014/10/24 17:00

sirabee1024danmitsu1

いやはや、小生、興奮である。このたび発売された『壇蜜日記』(文春文庫)にメロメロである。『巨人の星』風に言うと、「俺はいま、最高に官能している!」という感じだ。「官能する」というのは日本語としておかしいが、そう言いたくなるほど、この日記はエロいのだ。

タイトルが全てを物語っているが、この本は壇蜜の日記である。2013年10月から2014年の8月までのものを公開した。これは、彼女がいつも入浴中に、防水ケースにいれたiPadで書いたものである。文庫本ではあるが、書きおろしだ。


画像をもっと見る

 

 

■写真はわずか1点

壇蜜といえば、その官能的なルックスが売りなのだが、この本は壇蜜の写真が1点しかない。胸の谷がよく見える白いワンピースをした写真が、帯に1点あるだけだ。表紙は壇蜜を描いたイラストである。やり場のない怒りならぬ、濡れ場のない怒りを当初抱いていた。

しかし、この日記、エロいのである。1日あたりせいぜい7行。写真もない。ただ、そこからにじみ出る壇蜜のさりげないエロさがたまらない。

淡々としつつもウィットに富んでいて、そして何よりエロさがにじみ出る『壇蜜日記』に比べれば、「カルボナーラ食べちゃったぞ」などとその日の食事をアップして「美味しそう!」などというファンのコメントを集めるような、世間の芸能人にありがちなブログは、ゾウに踏み潰されるアリのようなものだと思った次第である。


関連記事:壇蜜の欠点に驚きの声続出 「そんなドジをするとは…」「意外です」

 

■さらりと艶めかしい

なんせ、さらりとエロいことを書いているのが、いい。例えば、2013年11月20日の日記では大塚駅周辺に行ったことが綴られている。10年前との変化を感じる壇蜜。この街、壇蜜にとって思い出の町であるようだ。こんなことが書き綴られている。

色々な事を思い出す。焼肉食べてホテルいったなあとか、お寿司食べてホテルいったなあ、とか。

以前の交際相手とよく過ごした街だったことが綴られている。お互いが実家暮らしだったからしょうがなかったのだとか。この日は、街の変化を感じつつも「昔お世話になったラブホテルは健在でほっとした」という一言で終わっている。

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

次ページ
■学生時代の思い出も
壇蜜コラム握手会日記記者会見
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング