【名古屋】初心者こそ訪れたい!ステキな「掘り出し物」に出会える大須観音

しらべぇ0428名古屋

 

■名古屋いちのアーケード商店街「大須」

全国的にも元気な商店街として注目を集めている大須。そのランドマークとも言える大須観音には、月に2回、早朝からたくさんの人が集まってくる

毎月18日28日に境内で開催される「大須観音 骨董市」だ。

大須観音は、もとは尾張国長岡庄大須郷(いまの岐阜県羽島市大須)にあったが、関ヶ原の戦いに勝った徳川家康名古屋を建設経営するにあたって、1612年にまずこの寺をいまの場所に移設。

以降、名古屋の大須観音と呼ばれるようになったと言われている。その境内で骨董市が開かれるようになったのは、1979年のこと。

骨董ブームや若い女性の着物ブーム、ブロカント(美しいガラクタ)やアンティークインテリアブームなどに乗って徐々に出店数も増え、今では100軒以上の骨董店が集まってくるようになり、すっかり大須名物のひとつ。


関連記事:【独自の文化】名古屋発のコーヒー店が近所にできたらまず試したい3大名物メニュー

 

■骨董なれしていなくても、覗きやすい!

しらべぇ0428名古屋2

商品は、ザ・骨董! といった焼き物などから、「ジャンク品」と書かれたラジオや蓄音機、昭和初期のおもちゃや雑誌もある。目立ったのは古着の着物屋。

しらべぇ0428名古屋5

雑に並べてはあるが、かなりお買い得な値段なので探しがいがある。

全体的に、ヨーロッパのおしゃれな蚤の市というよりは、なんでもありのガラクタ市といった風情。それが骨董慣れしていない若者でものぞきやすいのかもしれない。

しらべぇ0428名古屋3

最近は名古屋観光中の外国人客もよく見かけるようになった。年配店主がカタコトの英語で接客している姿が微笑ましい。

しらべぇ0428名古屋4

ちなみに、18日と28日で、規模の大きさはさほど変わらないが、大きく違うのは大須観音本体の行事との関連。実は、18日は、大須観音の御本尊、聖観音様の縁日なのだ。

そのためか、18日には、長命甘酒が振舞われる特別イベントも行われている。

大須観音公式ホームページには「日の出から日没まで開催、雨天決行」と書かれているが、実際は雨が降るとやはり出店数は少ない。

またお昼をすぎると店じまいする店主も多く、掘り出しモノをじっくり探すなら、午前中の早めの時間を狙うのがおすすめ

今月は明日開催なので、ゴールデンウィークのお出かけにご検討を。

(文・写真/しらべぇ編集部・佐藤コボ


あなたにオススメ