しらべぇ

「ヒロシマに罪を感じる」米女性ラッパーのツイートに寄せられたリプライは…

社会

ks_tweet

※画像はTwitterのスクリーンショットです

今年2015年は、終戦、そして広島と長崎への原爆投下から70年になる年だ。

広島に原爆が落とされた日である8月6日、そして長崎に落とされた8月9日、日本のみならず世界中のネットユーザーが「悲劇を繰り返してはいけない」という内容の声をSNSなどに書き込む様子が見られた。

そんななか、アメリカらひとつ、印象的なツイートが見られた。投稿した主は、2011年にデジタル配信したシングル『Gucci Gucci』がネット上で大きな話題を呼び、一躍人気歌手となったアメリカの女性ラッパー、クレイショーンだ。

日本のアニメ文化やファッションを愛する親日家な側面もある彼女は、8月6日、以下の2つのツイートを投稿した。

「I really never grasped what #Hiroshima was til a couple weeks ago. The world stopped that day as the U.S. did the #1 worst attack ever.」

(編集部訳:私は数週間前まで、ヒロシマが何なのか全然わかってなかった。アメリカが史上最悪の攻撃をしたあの日、世界はとまったのね

「Peace to those who have suffered then and generations after #Hiroshima as an American I feel such a guilt for that. It was disgusting. 」

(同:当時苦しんだ人たちと、その後の世代の人々に、平和を。アメリカ人として、私はこのことに罪悪感をおぼえています。ほんとうに、気分が悪いわ

70年前にアメリカ軍が行ったことを批難しているととれるこちらの2つのツイート。これに対し、一般のユーザーからは様々なリプライが寄せられているが、その内容を見ていると、アメリカの人々が原爆についてどのような考えを持っているのかを垣間見ることができる。

いくつか取り上げていこう。(元ツイートは、上記両ツイートへのリプライを参照のこと)

「You feel guilty? Your country ended a conflict the Japanese started. Remember Pearl Harbour? Jeez」(@Robsainty)
(同:罪悪感? あなたの国は、日本が始めた争いを終わらせたの。真珠湾を忘れないで。まったく

 

「Obviously you still don’t know your history:Dec. 7, 1941 Imperial Japan Launched surprise attack on #PearlHarbor.」(@NetAdvisor)
(同:あなたは明らかにアメリカの歴史を知らないのですね。1941年の12月7日、大日本帝国がパールハーバー(真珠湾)に奇襲攻撃をしかけたんですよ

 

「It wasn’t pretty but it ended the war. If u want to feel disgust look at what the Japanese were doing in the areas they occupied.」(@RayPureface)
(同:確かによくはないけど、原爆が戦争を終わらせたんだ。もし気分が悪いっていうなら、日本が彼らの占領地でやったことをみてみなよ

 

「Hi, please educate yourself on what Japan did to China during WW2. Wiki Rape of Nanking(300,00 dead without nukes)or Unit 731.」(@IlliterateDino)
(同:ねえ、第2次世界大戦中に日本が中国にしたことを勉強したらどう? 南京事件では核兵器を使わずに3万人が死んだことや、731部隊についてウィキペディアで調べたら?

 

「to end a WAR」(@KenPlayzzMC)
(同:戦争を終わらせるためでしょ

彼女とともに平和を願う声なども投稿されているものの、このような“原爆肯定派”ともいえる人たちの反論の書き込みが多く見られる

この“リプライ欄”に見られる意見がすべてのアメリカの人々のポリシーを表しているというわけではもちろんないが、少なからぬ人たちが「原爆は戦争を終わらせるためのものだった」と考えていることはうかがえるといえるだろう。

(文/しらべぇ編集部・永久眞規

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集