総額400万!ロンドン最強のキティちゃんマニアのKawaiiスタイル

海外から注目されている日本の「Kawaii」カルチャーでアイコン的なキャラクターと言えば「ハローキティ」を思い浮かべる方も多いだろう。

アヴリル・ラヴィーンマイリー・サイラスなど、海外のセレブもとりこにするハローキティの魅力とは何なのか?

おそらく、イギリスで最もハローキティグッズをコレクションしている女性は、日本人も敵わないほどキティちゃんに並々ならぬ愛情を注いでいた!


 

■5,000個のキティちゃんグッズに囲まれて生活

※画像はdailymailのスクリーンショット
画像はdailymailのスクリーンショット

ロンドンに住む31歳のシューズデザイナー、エイミー・ルイーズ・アレンさんは、11歳のときにハローキティの魅力にハマって以来20年間、キティちゃんグッズを買い続けている

これまでにグッズを5,000個以上購入し、つぎ込んだ費用は総額3万ポンド(約400万円)以上!彼女の部屋は、まさにキティちゃんで埋め尽くされた状態となっているのだ。

「一目見て私はキティちゃんと恋に落ちたの。私のことをハローキティ中毒の変な人って思う人もいるけど、キティちゃんと私は一心同体なの。これからも絶対に変わることはないわ!」


エイミーさんのコレクションは洋服ハンドバックなどのファッションアイテムからディナーセットなどの日用品まで多岐にわたり、イギリスで手に入らないものは日本からお取り寄せ

スクーターバイクまでピンクとホワイトのキティちゃんカラーにペイントしているほどだ。


関連記事:サンリオ男子が語る「キティさん」のスゴいところトップ3

 

■ファッションの基本は原宿系

※画像はdailymailのスクリーンショット
画像はdailymailのスクリーンショット

キティちゃんをきっかけに日本のKawaiiカルチャーに興味を覚えたエイミーさん。

きゃりーぱみゅぱみゅ藤田ニコルに代表される原宿系ファッションの影響を強く受け、普段着はウィッグ、ピンクの服、タイツが定番。

「この格好で家を出ると周りから変な目で見られるけど、私は常にこのスタイルだから気にしないわ」


■将来の夢は日本に移住して語学教師

※画像はdailymailのスクリーンショット
画像はdailymailのスクリーンショット

大の親日家エイミーさんは、これまでに2度来日し聖地サンリオピューロランドやあこがれの原宿などを訪問。将来的には日本へ移住しようと考えているそうだ。

「私は今、日本語を猛勉強していて、ゆくゆくは日本で英会話の教師になりたいの。日本に住めば好きなだけキティちゃんグッズを買えるし、夢の様な暮らしが出来るのよ!」


・あわせて読みたい→サンリオ男子が語る「キティさん」のスゴいところトップ3

(文/しらべぇ編集部・狐月ロボ