SMAP『紅白』辞退は陰謀?ファンたちの悲痛な叫びも一般人は「どうでもいい」

smap
(画像はSMAP×SMAP公式サイトのスクリーンショット)

19日、アイドルグループ「SMAP」が31日の『紅白歌合戦』(NHK)への出演を断ったことが判明。26日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)をラストステージとする旨を明かした。

「グループのラストステージをどうすべきか、メンバーそれぞれにずっと悩み考えてきましたが、20年間一緒に歩んできたスタッフがいて、5人でレギュラー出演をさせて頂いた『SMAP×SMAP』を自分たちのラストステージとさせて頂きたいという想いに至りました」

23回出演した紅白には大変感謝しております、とコメント。中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の順で名前が記載されていたという。



 

■「視聴率に利用しないで」ファンの悲痛な叫び

ファンも解散するSMAPの勇姿を紅白で観たかったのだろう……と思いきや、「紅白に出ないで」「SMAPを視聴率アップに使わないで」と紅白出場反対の意見が多いようだ。

それもそのはず、ファンからすれば「解散の撤回」が希望のため、解散を利用した紅白の視聴率アップが気に入らないようだ。


関連記事:『SMAP×SMAP』最終回!ありがとうメッセージをまさかのFAXで募集

 

■紅白辞退は事務所の陰謀?

また、5人の署名の文書についても疑問があがっている。「名前を利用して事務所がでっちあげたものだ」「メンバーたちもこの文書の発表と同時に知ったはず」といった陰謀論まで…。


■一般人は「どうでもいい」が6割以上

ファンにとっては気が気でならない一連の解散騒動。しかし、一般の人はどうだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「SMAPの解散」について調査したところ、6割以上が「どうでもいい」と回答した。

sirabee20161226smapkouhaku

国民的アイドルグループとはいえ、一般人にとってはあまりニュースではないようだ。


波乱を呼ぶ、SMAPの解散。26日の『SMAP×SMAP』がラストステージとなる。

・合わせて読みたい→SMAP解散したらジャニーズファンもやめる? 5割に迫る意外な層は…

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日 
対象:全国20~60代の男女1,365名(有効回答数)