しらべぇ

エイプリルフール…じゃない!?民進党から「VR蓮舫」発表

テクノロジー

4月1日はエイプリルフール。

「うそをついてもいい日」のため、いろいろな企業や団体からくすっと笑えるうそが飛び出してくる。

今年の民進党のネタは『VR蓮舫』…と思いきや、まだ3月27日。民進党は本気のようだ。

 

■『VR蓮舫』…って?

(画像はニコニコ超会議公式サイトのスクリーンショット)

(画像はニコニコ超会議公式サイトのスクリーンショット)

『VR蓮舫』という名前だけ聞くと、「蓮舫のあんな姿やこんな姿をいろんな角度から見るの?」「もしや蓮舫とイチャイチャできる…」などといろんな妄想が膨らんでしまうが、蓮舫の追及から逃れることが目的。

もちろん、「すごい形相で追いかけてくる蓮舫から逃げる鬼ごっこゲーム」ではない。

自分が総理大臣になり、国会の審議を疑似体験しながら「蓮舫に追及」されるのだ

(画像はニコニコ超会議公式サイトのスクリーンショット)

(画像はニコニコ超会議公式サイトのスクリーンショット)

体験者は手に「ガクブルメーター」を装着。追及にガクブルしてしまうと、その数値が上がっていく…という仕組みだ。

動揺とかではなく、普通に怖くてガクブルしてしまいそうなんだが…。

(画像はニコニコ超会議公式サイトのスクリーンショット)

(画像はニコニコ超会議公式サイトのスクリーンショット)

「こんなところで遊んでいる暇が~」と言っている蓮舫。逆に「こんなものを作って遊んでいる暇が~」と突っ込みが入りそうな気がしてしまう。

 

■なんでこんなものを…

なぜこんなバカげ…すごいものを民進党は作ろうと思ってしまったのか。

この『VR蓮舫』は、4月29日30日に行われる「ニコニコ超会議」の宣伝枠をかけたPR企画「超-1グランプリ2017」に出場する1つなのだ。

現在は公式サイトで予選レースの真っ最中。上位になれば、4月7日にニコニコ生放送で行われる本戦に出場するそう。

これに、張りきっているのが民主党・非公認キャラクターの民主くんだ。

もう少しで廃棄されそうだったところを憲政記念館に拾われた民主くん。『VR蓮舫』関連のツイートをけなげにも全力でリツイートしている。

 

コスプレイヤーをクンクンできたり、自分だけのラーメンが作れたりと面白そうな企画が並ぶ「超-1グランプリ2017」の中で、話題性ではダントツトップの『VR蓮舫』。

2位ではなく、1位をとれるのか…期待したい。

・合わせて読みたい→民進党・蓮舫議員「二重国籍」問題の違法性は? 弁護士に聞いてみると…

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集