藤井四段よりも「ひふみん」のほうがスゴイ? 本人降臨のほっこり話に大感激

藤井聡太四段よりも加藤一二三九段がスゴイ理由が話題に。「神武以来の天才」は家族思い?

話題

2017/06/27 18:00

(画像はTwitterのスクリーンショット)

将棋公式戦29連勝となり、歴代1位の連勝記録となったプロ棋士・藤井聡太四段(14)の強さが話題に。

しかし、一方で「神武以来の天才」と呼ばれ、22日に引退を表明した「ひふみん」こと加藤一二三(77)のエピソードが注目されている。


 

■リア充すぎるひふみんに感激

ツイッターユーザーの「みた八さん」(@mitahachi)が26日に投稿したツイートが話題に。26日時点では28連勝中だった藤井四段と、加藤を比較した内容だ。

14歳という若さながら、次々と連勝記録を塗り替える藤井四段はスゴイと発言。

しかし、「授業に出席できない彼の為にノートを届け続けてくれた女の子と結婚し、77歳の今日まで仲良しの加藤ひふみんのリア充ぶりはもっと凄い」と加藤の家族愛の強さを主張した。

藤井四段の強さと、加藤のリア充さを称賛する内容に、ネット民からも「さすがひふみん!」という声があがった。


 

■加藤本人も認める

このツイートは瞬く間に人気となり、ついに加藤九段本人も「これ、実話です、うふふ」とリツイートをしてコメント。

「うふふ」という、かわいらしい言葉遣いと顔文字から見るに、妻を愛している様子もうかがえる。

次ページ
■「素敵な夫婦」との声

あなたにオススメ