しらべぇ

梅沢富美男が「真のゆとり世代」を指摘 その理由に視聴者も合点

「ゆとり世代を育てた親の世代に責任がある」との梅沢富美男の発言が話題に

エンタメ

(画像はInstagramのスクリーンショット)

何かと揶揄されることの多い「ゆとり世代」。

6日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、そんな「ゆとり世代」について俳優・梅沢富美男(66)が持論を展開。視聴者から反響が相次いでいる。

 

■真のゆとり世代はあの世代?

弁護士の北村晴男氏が、「社会人1~2年目の新人の、やる気を失う上司の言葉ランキング」(ソニー生命調べ)を紹介。その中に、「ゆとり世代だなあ」という言葉がランクインしていた。

これに対し、「最近の若い子たちと話していて、どうか」と振られた梅沢は…

「ゆとり世代って言ったら、今のジジイとババアじゃないの? 良い時代を生きて、良い給料もらって、良いボーナスもらって、ぼーっとしてるから、こんなガキ作ったんだ。お前らが一番悪い」

 

と、持論を展開。同じくゲスト出演していた歌手の吉幾三(64)は「弟子になりたいと挨拶しに来るが、(若い人は)手ぶらで来る人が多い」と、若い世代へ苦言を呈していた。

 

■梅沢の持論に反響

ネットでは、梅沢の「ゆとり世代」に対する発言について、「正論」だと評する声が相次いでいる。

自らも「ゆとり世代」に該当する年代でありながら、自分の意見をはっきりと述べた姿勢にも、称賛の声があがっている。

 

■「ゆとり世代」とのギャップを感じている人は?

しらべぇ編集部が全国の20~60代の会社員経験者の男女897名に「ゆとり世代とのギャップを感じたことがあるか」調査を行なったところ、40代以降の年代では、半数近くの人が「ギャップを感じたことがある」と回答した。

全体的にみると、男性よりも女性のほうが、ゆとり世代にギャップを感じたことがある人が多いようだ。

しらべぇでも、「すぐに仕事を辞めてしまう」などのゆとり世代の問題点を取り上げてきた。様々な問題の原因がどこにあるのかは、実に難しい問題なのかもしれない。

・合わせて読みたい→子供の都合で休むママたち、体調不良で早退したアルバイトに「意地で働け」

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年3月20日~2016年3月24日
対象:全国20代~60代の会社員経験者897名

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集