しらべぇ

GACKTが「ブランド志向の若い女性」をバッサリ! その理由に共感の声

ブランド品を買いたいがために、JKビジネスや売春などに手を染める若い女性を批判したGACKT。日本人はブランド志向が強すぎる?

エンタメ

(画像はInstagramのスクリーンショット)

ブランド物を身につけることを憧れに抱く女性は少なくない。そして、それらを手に入れるために売春や、最近話題の「JKビジネス」に手を染める若い女性たちがいることも事実だ。

ミュージシャン・GACKT(44)が16日に更新したブログが話題になっている。

 

■ハイブランドを身につける若い女性に嘆き

「最近、若い子の身の丈に合っていないブランド志向に気分が悪い」と嘆いたGACKT。

たしかに街を見渡すと、並大抵のお小遣いやバイト代では買えない金額のブランド物を身に着けた若い女性たちを見かけることがある。

GACKTはそういった女性たちのお金の稼ぎ方に疑問を覚えるようで、「考えただけで恐ろしい」と感想を述べた。

 

■日本人はブランド志向が強すぎ?

GACKTによれば、想像以上に「売り」が横行していることも珍しくないという。人気が出ないアイドル・グラドル・モデルといった芸能関係の女性や、大学生・社会人といった一般女性まで職業は幅広いようだ。

また、GACKTは日本について「ブランド志向がここまで強い国も珍しい」と分析。ブランド物を買うことはダメではないが、身の丈に合っていない買い物のために売春などを平気でしてしまう女性たちの感性には問題があると指摘した。

次ページ
■ネット民からは共感の声が

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集