しらべぇ

星野源が絶賛した「つけどん兵衛」を実食! 新感覚の食感がうますぎる

星野源がどん兵衛のアレンジレシピを紹介、実食レビューしてみた

グルメ

  

31日に放送された『星野源のオールナイトニッポン』内で、星野源(36)自身がCMに出演する『どん兵衛』について、オススメの食べ方を紹介し、話題を呼んでいる。

その名も「つけどん兵衛」。どうやら、通常はうどんであるどん兵衛をつけ麺にしてしまうという、かなり斬新なものだ。

星野いわく「こんなにコシが! ってなる」と、このアレンジについて熱く語っていたが、実際はどうなのか? さっそくしらべえ取材班も実践してみた。

 

■作り方はかなり簡単

まず最初に準備するものは、「どん兵衛」「ざる」「どんぶり」の3つ。つけ麺にして食べるので湯切り用のざると、麺をよそうためのどんぶりが必要だ。

作り方を説明すると、まずつゆを取り出してから通常は熱湯をそそぎ「5分」のところ「4分〜4分半」の時点で湯切りする。

どん兵衛を湯切りは初めての経験なので、とても不思議な感覚。その後、つけ麺を作る時と同様に冷水で締めどんぶりに盛りつける。

 

■つけだれは濃い目(お湯少なめ)に

つけ麺として食べるため、元々の容器に液体つゆと七味を入れ、そこにお湯をいれる。ちなみに、お湯は少なめにしてスープを濃いめに作るのも、重要なポイントとなる。

すべての調理が完了したものがこちら。見た目は完全にうどんからつけ麺になり、どのように味が変わったか楽しみだ!

 

■コシとモチモチが段違い!

さっそく出来上がったつけどん兵衛を実食することに。記者は普段からどん兵衛はよく食べるため、普通に作った場合との違いをしっかりと伝えたいと思う。実際に食べてみると…

「ふふふっ、うまい」どん兵衛がつけ麺になっているという、不思議な感覚のあまりつい笑ってしまった。

味に関しては何も手を加えていないのでほぼ変わらないのだが、スープが普段より濃いめになっているため、より出汁の味と香りがダイレクトに伝わってくる。

 

■生麺に近い食感?

とくに良いと感じたのは麺のコシとモチモチ感だ。いうならば「生麺」のような食感になっていて、かなりおいしいと感じた。

ここからは、記者の個人的な感想となるが、おいしかったものの調理の手間と味の変化を考えると正直「普通に食べたいかも」と思ってしまった。

とはいえ、どん兵衛を一手間加えるだけでまったく違う美味しさを楽しめることは確かである。気になった人はぜひ実際にチャレンジしていつもと異なるをどん兵衛を体感してみてほしい。

・合わせて読みたい→そばとうどんどっちが好き?どん兵衛では結果に違いが!

(文/しらべぇ編集部・ステさん

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集