『西郷どん』今夜初回 手堅い布陣の中で主演・鈴木亮平は躍動できるか

鈴木亮平主演『西郷どん(せごどん)』。黒木華、瑛太、渡辺謙など実力派キャストの中、鈴木は新しい西郷隆盛像を作りあげられるのか。

西郷隆盛
(kororokerokero/iStock/Thinkstock)

今夜20時から、NHK大河ドラマ『西郷どん(せごどん)』がスタートする。

誰もが知る英雄がどのように生まれ変わるのか。この記事ではドラマ全体と初回の見どころを見ていこう。


 

■ストーリーを紡ぐのは2人のヒットメーカー

『西郷どん』は人気小説家・林真理子の作品を原作に、朝ドラ『花子とアン』(NHK)や『やまとなでしこ』(フジテレビ系)など数多くの人気作品をこれまでに手がけてきた中園ミホが脚本を担当する。


関連記事:『西郷どん』2年連続で大河に「隠し田」登場 ネット盛大にざわつく

 

■西郷隆盛を演じるのは鈴木亮平

そんな本作で主人公を演じるのが鈴木亮平だ。20代の頃から多くのドラマ・映画に出演してきた鈴木だが、本格ブレイクは30歳を過ぎてから。

役に合わせて変幻自在に肉体を改造するストイックさや、役への真摯な姿勢が実を結んだと言える。

そんな彼が信念の男・西郷隆盛を演じる……はまり役になりそうな予感大だ。

なお、番組公式インスタグラムではこんなお茶目な写真も。

少年時代役を演じる子役・渡邉蒼との時空を超えた2ショットだ。顔立ちや無骨な雰囲気など、これはかなり似ていると言ってもいいのでは。

次ページ
■第1話あらすじ

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ