『電影少女2018』野村周平、西野七瀬の第一印象は「めちゃめちゃ暗い子」

西野七瀬・野村周平W主演ドラマ『電影少女2018』。飯豊まりえ、大友花恋、清水尋也らも出席した記者会見に潜入!

(清水尋也、飯豊まりえ、西野七瀬、野村周平、大友花恋)

12日、テレビ東京本社にて土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』の会見が行われた。

W主演を務める西野七瀬・野村周平の他、飯豊まりえ、清水尋也(ひろや)、大友花恋が登壇した。

 

■新鮮ショートカットで臨む『電影少女』

(飯豊まりえ、西野七瀬)

ヒロイン・天野アイ役を演じる西野はこの役のためにロングヘアを20cm以上もバッサリ。

「違う部分しかなかった」と述べるほど自身の性格とは正反対のアイという役どころに撮影開始当初は戸惑っていた様子で、「1話観てて思ったんですけどまだアイちゃんには届いていないかな」とコメント。

しかし、話が進んでいく中で次第にアイちゃんになっていったそうで、「その過程も楽しんでほしいです」とアピールした。

 

■西野七瀬の第一印象は「めちゃめちゃ暗い子」

(野村周平)

主人公・弄内翔を演じる野村は西野の第一印象が「めちゃめちゃ暗い子入って来たなあ」だったことを冗談交じりに告白。

それに対して西野は「人見知りを結構するので知らない人がいるとまずを壁作ることから始める」「この人どういう子なのかなって見ながらちょっとずつ距離を」と、人見知りな性格ゆえと説明。

しかし、野村は「その壁を壊しに来る感じだった」と西野は語った。

次ページ
■野村周平も一緒にアイの役作りを?

この記事の画像(11枚)

あなたにオススメ