いい迷惑! 人のせいにしてクレームをつける人の最低行動3選

他人のせいにしてクレームをつける人も…。

sirabee20180301orange001
(OkinawaPottery/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

クレームを伝える時、自分ではハッキリと言えず、他の人のせいにして苦情を訴える卑怯な人もいるようだ。しらべぇ取材班は、人々に話を聞いてみた。



 

①下の階を装って「うるさい」と苦情

「昔マンションに住んでいた時に、真上に住んでいる人が突然『ご迷惑をおかけしました』と謝罪に来て、私は謝られた意味が分からず理由を聞きました。


そうしたら『下の階の人から、子供がうるさいと苦情がきたと不動産屋さんから注意を受けて…』と説明されましたが、私はそんなクレームはつけていない。


きっと付近に住んでいる人が、自分の名前を名乗るのが嫌で下の階を装ったんだろうけれど…。


ヘタしたらこちらが恨まれてトラブルになっていたかもしれないし迷惑だった」(女性・30代)


関連記事:「次来るときが気まずい…」 よく行くお店にクレーム入れられる?

 

②人が落としたことにして「怒っている」と言う

「男ふたり女ふたりの合計4人で、飲食店で飲み会を開いた時のこと。


女友達のひとりがはしゃきすぎて、テーブルの上の来たばかりの料理にぶつかって、丸ごと座敷に落としてしまいました。


それを彼女が店員に伝えに行きましたが、『私の女友達が落としたんですけれど、店員の料理の置き方が悪かったって怒っていて…』とクレームをつけて料理を作り直せと要求。


落としたのは自分なのに、私のせいにして苦情を言い最低だな…と思ったし、店員からしたら私を『クレーム女』と思ったことでしょうね…」(女性・20代)


③周りは賛同していないのに「みんな」と巻き込む

「子供の保育園が一緒のママ友同士で話していた時、ある先生の態度がよくないと言い出した人がいました。でも、ほかの人たちは『そうかな?』という程度。


それにも関わらずそのママ友は、後日『あの先生の態度はダメ。みんな、もあの先生の態度が気に入らないって言っているんです』と、園長にクレーム。


私たちは誰ひとりとして気に入らないはおろか、文句すら一言も言っていないのに、『みんなも言っている』と巻き込まれて迷惑でしたね」(女性・30代)


■クレームは言わない人のほうが多い!

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,349名を対象に「クレームを言うか?」調査を実施。

その結果、男女ともに「あまりしない」「ほとんどしない」という人たちがもっとも多い結果となった。

201710250630_01

クレームは、なかなか面と向かって言いづらいもの。中には人のせいにして苦情を言ってくる人もいるようなので、気をつけたい。

・合わせて読みたい→加藤浩次、深刻化するカスハラ被害に怒り 「上司に聞かせたい」と反響相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1349名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)