しらべぇ

配偶者が世界で一番素敵? 石原さとみには負けるとの意見も…

配偶者が世界一だと思い続ける人は、どれほどいるのだろうか。

男女

配偶者が一番すてき

(©ぱくたそ)

星の数ほどいる人の中から、お互いが「この人だ」と思って一緒になった夫婦。それならば世界で一番、素敵な人だと思っていてもおかしくはない。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代既婚者の男女675名に「結婚について」の調査を実施。

「配偶者が世の中で一番素敵な異性だと思う」と答えた人は、全体でわずか28.0%と少ない割合に。あんなに愛し合って一緒になったはずなのに、時の流れは残酷である。

 

■大切だけど…

性年代別では、ほとんどの年代で男性が多い割合である。

配偶者が一番素敵性年代別グラフ

唯一20代だけ、女性の割合が高くなっている。長く一緒にいるうちに、男女の立場が逆転をしてしまうようだ。

「結婚当初は『こんなに優しい人は、他にはいない』って思っていたけど、ずっと一緒にいれば嫌なところもいっぱい見えてくる。大切だとは思っているけど、素敵な人とは言い難い」(40代・女性)

 

■ケンカばかりの日々を乗り越えて絆が深まる

男性は表には出さないものの、妻を愛おしいと思っている人が多い。

「ぐうたらでマイペースな自分とここまで連れ添ってくれる人は、他にいないと思う。意外と頼りがいもあるし、本当に頭が上がらない。本人には、なかなか伝えられないけど…」(40代・男性)

 

夫婦の危機を乗り越えて、お互いの大切さを知った人もいる。

「ケンカばかりしていた時期もあったけど、そこを乗り越えて絆が深まった感じがする。結婚する前は、まだお互いをよく知っていなかった。

 

すべてをさらけ出し合って、さらに魅力的な人だなと思えた」(30代・男性)

 

■異性というより家族だから

恋愛体質の人は、4割以上の人が配偶者に恋をしている。

配偶者が一番素敵傾向別グラフ

いつまでも恋人気分でいられる夫婦は、うらやましいと思う人も多いだろう。

一方で、性欲がない人は低い割合である。

「もう異性っていうよりも、家族だから。なくてはならない存在なのは確かだけど、例えば『石原さとみよりも素敵』と思うのはやっぱり難しい」(40代・男性)

 

盲目な恋の時期は過ぎても、大切な人であることは変わりがないようだ。

・合わせて読みたい→既婚者が独身に言う「うらやましい」…ほとんどウソ?

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu