しらべぇ

NMB48・市川美織 地元埼玉での卒コンでメンバー全員がレモンに変身

お別れの凱旋公演は地元・埼玉で…

エンタメ

市川美織

(©NMB48)

16日、『市川美織卒業コンサート~今が旬!埼玉県産フレッシュレモン、出荷します』が、埼玉・大宮ソニックシティで開催された。

市川は1月19日に行われた『AKB48グループリクエストアワーセットリスト100 2018』で卒業を発表。NMB48の地元である大阪で、今月4日に卒業コンサートを開催している。

そして今回は、市川の地元の埼玉県で「最後のお別れ」として凱旋公演することになった。

 

■大阪から出荷されたレモンが埼玉に到着

市川美織

(©NMB48)

オープニングでは、4月3日に大阪で行われた卒業コンサートの時に、埼玉に出荷すると箱の中に入った市川を運び出したNMB48の劇場支配人が、再び大宮にその箱を運んで登場。中から市川が飛び出してきた。

オープニング曲は『Pionner』、さらに『ワロタピーポー』『ナギイチ』『オーマイガー』『北川謙二』と序盤からNMB48の人気曲を一気に歌い、スタートから気合の入ったパフォーマンスで盛り上げる。

 

■市川の歴史が詰まった楽曲を披露

市川美織

(©NMB48)

ユニット曲のコーナーでは、市川のNMB48での代表曲『おNEWの上履き』『わがままな流れ星』を披露。

さらに市川がAKB48の時に初めて選抜に選ばれた『真夏のsound good!』、チーム4時代の代表曲『僕の太陽』、おじゃる丸シスターズとして歌った『初恋は実らない』など、これまでの市川の歴史を感じるラインナップ。

終盤に入るとチームNの『どこかでキスを』やライブ初披露の『阪急電車』『ずっとずっと』『摩天楼の距離』など市川の現在を表す楽曲を一気に歌い上げた。

 

■本編最後は『君と出会って僕は変わった』

市川美織

(©NMB48)

ここで最後の曲となり市川は、「NMB48に入ってたくさんのメンバーやスタッフさん、何より応援してくださっているファンの皆さんに出会いました。その出会いが私にとって大切なことでした。そういう思いを込めて最後の曲にいきたいです」と語る。

最後は『君と出会って僕は変わった』を熱唱して本編の幕が閉じた。

 

■チームNメンバーにエールを送る市川

市川美織

(©NMB48)

会場が暗転するとアンコールとして「レモン」コールの大合唱が巻き起こり、そのアンコールに応えて市川が再びステージに戻る。

アンコールではNMB48で初めて選抜メンバーに選ばれた『僕らのユリイカ』を歌い安堵した様子の市川。

「チームNに入った時は、ただのクソ真面目なチームというイメージでした。ちょっとでもダンスがずれていたら指摘されたりもしました。後輩と先輩の隔てがいい意味でなくて、本当にみんな真面目だけど、いいものを作ろうという気持ちで一緒に頑張れる。これまで所属した中で、チームNみたいなタイプは初めて。そのお陰でたくさん私のワガママを聞いて、新しい振りを覚えてくれたりしました。きっと辛かったと思うけど、さや姉が筆頭になって頑張ってくれました。そんな素晴らしいチームです。皆さんもこれからのチームNを見守ってください」とチームNにエールを送った。

そして最後は『あなたがいてくれたから』『永遠に続くように』を歌い幕が閉じるのだが、名残惜しいファンからダブルアンコールの声がかかり、そのコールに応えメンバーが再びステージ登場。

しかもメンバー全員が市川のキャラでおなじみのレモンの被り物をしていたのだ。楽しい雰囲気の中で『ドリアン少年』を熱唱して地元埼玉での卒業コンサートの幕が閉じた。

 

■最後の舞台は5月1日のNMB48劇場

市川美織

(©NMB48)

市川の活動は4月18日のAKB48劇場での特別公演、5月1日のNMB48劇場で行われるチームN『目撃者』公演のみとなり、5月1日が市川のアイドル活動に終止符を打つことになる。

・合わせて読みたい→NMB48を卒業する矢倉楓子 ライバル・白間美瑠からの手紙でまさかの号泣

(取材・文/しらべぇ編集部・ブレーメン大島

この記事の画像(6枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu