岡田サリオ、I字バランス始球式で炎上 「パンツ見えてイイ」、ノーブラ発覚に有吉興奮

『有吉反省会』に、I字バランスで投球した始球式で炎上したタレント・岡田サリオが登場。有吉弘行、指原莉乃の感想は…

岡田サリオ
(画像は岡田サリオ公式Instagramのスクリーンショット)

21日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に、グラビアやバラエティで活躍中のハーフタレント・岡田サリオ(24)が出演。

クラシックバレエで鍛えた身体を活かし「I字バランス」で始球式をした結果、炎上した彼女。この日の放送では「下着をつけない」と告白するなどし、視聴者から大きな反響が起きている。

 

■投球フォームで炎上

2017年9月、千葉ロッテ対オリックス戦で始球式を務めた岡田は「投球フォームがエグイ」ことを反省しに登場。

「『巨人の星』の星飛雄馬ばり」に片足をあげ、I字バランス状態から投球する姿に、有吉弘行(43)も「スゴイ」と絶賛。しかし野球ファンから「めちゃくちゃ怒られた」と明かされる。

この日も投球フォームを披露しスタジオに歓声が上がったものの、「『おー』って言ってるの男だけだな」と有吉はツッコむ。

 

■男性興奮も女性からは…

「パンツって別に見えてもいい。締め付けられるのがイヤでノーブラ」だと明かすと、有吉は「撮れてなかった」と再び投球フォームを求める。振りかぶるとシャツがめくれ上がり「下乳が見えた」と盛り上がった。

「ブス」「脚が筋肉質」と関係ない部分でも炎上したと主張すると、指原莉乃(25)は「わからないけど、喋り方がダメなんじゃないですか」と厳しい。

さらにタレント・ぱいぱいでか美(26)から、「身体が柔らかいのを必要以上にアピールするのはズベ公」と叱責されるなど、女性陣からは最後まで不評だった。

次ページ
■視聴者は好意的

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ