オウム真理教・麻原彰晃の娘 「モンスター」と恐れられた壮絶人生に衝撃

『ザ! 世界仰天ニュース』がオウム真理教教祖・麻原彰晃の三女・松本麗華さんを特集し波紋をよんでいる…

社会

2018/05/30 10:00

悲しむ女性
(spukkato/iStock/Thinkstock)

20年以上前、「地下鉄サリン事件」など数々の凶悪事件を起こした宗教団体・オウム真理教。

その教祖、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の三女・松本麗華氏(35)はアーチャリーという宗教名で「後継者」と周囲に勝手に目されていた。

彼女が12歳のとき両親は逮捕。その後の人生について、29日放送『ザ! 世界仰天ニュース』(日本テレビ系)が特集し、大きな波紋をよんでいる。

 

■苦しみ抜いた幼少期

逮捕後、残された姉妹はバラバラに。麗華氏は教団に残ることになったが、その後は壮絶な人生が待っていた。

学校に行きたくても、両親が日本を震撼させた宗教の教祖であった彼女を迎えてくれる学校はない。マスコミに追われ何度も引っ越しを余儀なくされ、存在そのものを危険視され続けた。

離れた姉に久々に会うと、精神を病み、自傷行為を繰り返す姿を目撃。自身も何度も自殺を考えたという。

2000年にオウム真理教が消滅し後継団体が生まれたが決別。親代わりの女性信者のため、自立するよう勉強に励み、中学校卒業の認定を受け通信制の高校に通えるようになる。

 

■挫折と転機

その後も、素性を知られバイトをクビ、大学合格後も入学拒否をされるなど、「普通の人生」を求めながらも手に入らず、苦しみ続けた麗華氏

しかし、陳述書を作成し裁判を経て入学拒否を取り消されてから、彼女の人生は劇的な好転を迎える。

1ヶ月遅れで入学したゼミ内では、事前に彼女の生い立ちについて議論を交わし、彼女を「友人」として迎えることを決断していた。はじめて教団以外の友人関係を築き上げられたのだ。

仲間と食事や飲み会に行くこともあったが、それでも「麻原の娘は普通の人にとって『モンスター』だから」すべてを晒すことはできない。

悩み続けた彼女だが「普通の幸せはどこにもない。死にたいくらい辛いなら死ぬ気で生きてみよう」と実名で手記を出版、顔を隠さずメディアに出演するなど「麻原彰晃の娘」として生きていくことを決めた。

次ページ
■多くの人は複雑な想い

あなたにオススメ