欅坂46キャプテン・菅井友香 パリでの写真集撮影はハプニングの連続

1st写真集が初版10万部達成の快挙。本人は「出せたことが奇跡です」

エンタメ

2018/06/06 10:30

菅井友香

人気アイドルグループ「欅坂46」キャプテンの菅井友香ちゃんが、ファースト写真集『フィアンセ』(講談社)を発売。東京・新宿で行われたリリース記念イベントに、しらべぇ取材班も突撃した。

 

■大好きなフランス・パリで撮影

菅井友香

記念すべき1st写真集はフランスのパリで撮影されたもの。

渡仏は今回が初めてということで、「パリはずっと行ってみたかった街で、映像で見るのと実際に自分の目で見るとでは美しさが違っていて感動の連続でした。大好きな馬に乗ったりとか、美味しいご飯を食べたりとか、あと、とにかく景色が綺麗なのでそこにも注目してほしいです」と念願のパリに大満足。

菅井友香

ただ、行きも帰りもハプニングの連続で、「行きは気づいたらフライトの時間になっていて、『菅井様、菅井様』ってアナウンスで呼ばれてしまい、全力で走りました。向こうに着いたらWi-Fiを忘れたことに気がついたり、帰りはお土産を買いすぎてバッグに入らなくなったり、自分一人で生きていくのは大変だなぁと。自立しなきゃって強く思いました」と反省しきり。

 

■ダイエットの成果は「ニンジン30本分」

菅井友香

写真集では普段見せない水着やランジェリー姿を披露。「すごく恥ずかしかったです。学校の授業でスクール水着を着るのも恥ずかしかったくらいなので。でも、スタッフの皆さんが本気で良いものを作ろうとしてくださってるのを感じて、段々と私の方から提案するようになっていました」と気持ちの変化を明かした。

撮影にあたっては食事制限や体幹トレーニングなど、ダイエットにも力を入れていたそうで、その成果については恥ずかしそうに「ニンジン30本くらい…」と答え、取材陣を笑わせる一幕もあった。

次ページ
■初版10万部を達成

この記事の画像(6枚)

あなたにオススメ