しらべぇ

予告が嫌で映画館に行かなくなる? 投稿に反論「遅刻対策」「むしろ醍醐味」

映画館で本編開始前に流れる予告映像をどう思う?

エンタメ

映画館

(maksicfoto/iStock/Thinkstock)

映画館で本編が始まる前に上映される、他の映画の予告映像。遅刻しかけたときにはありがたい一方で、あまりに長いと「まだやんのかよ…」と思うこともあるだろう。

この件に関し、「はてな匿名ダイアリー」に投稿されたエントリーに注目が集まっている。

 

■予告が嫌で映画館に行く気もなくす

「興味のない映像を強制的に10分とか見せられるの、これから映画を楽しもうという気分に水を差しまくるんだが」と述べ、不満をあらわにした投稿者。

「何が悲しくて金払ってまでこんなもの見せられるのかと。あれが嫌で映画館に行く気を無くすわ」と、映画館そのものへの不信感にも繋がっているようで、「新作映画の宣伝にしたって1作品30秒で2~3分もやれば十分だろ、ダイジェスト並に流されてもネガキャンにしかならん」と綴った。

 

■意外に多い予告支持者

この投稿に対し、他のネットユーザーからは同意の声が。

・映画の予告嫌いなので激しく同意。過剰に扇情的にアピールして来るのが

 

・あれがなきゃトイレ行かずに済んだ映画も数知れずやわ

 

しかしながら予告を楽しんだり、大切にしている人は意外と少なくないようで、以下のような声も。

・ええ…あれこそが映画館の醍醐味だと思うけど。あのワクワクした時間を経て、日常を忘れて本編に没頭する。レイトショーとかで予告編ないと虚無感すごい

 

・次観たい作品をあれで決めることが多いので、無くなると困るなあ。ただ、シネコングループ作成のPR動画が流れて、またその後に同じ作品の予告がもう一度流れるのは嫌だわ。1回にして欲しい

 

・私予告の感想までTwitterに垂れ流すタイプなので…

 

■「遅刻対策」「助かってる」の声も

また、「遅刻対策」「本編中に遅れて入ってくる人がいたら嫌でしょ」などの指摘も。たしかに、ビジネス的には理にかなっていると言えそうだ。

・あれは遅刻対策もあるのでは。本編開始後に人がちょこちょこ入ってくる方がはるかに苦痛

 

・時間にルーズなので助かってる

 

・こないだ映画2本ハシゴしたとき2本目の上映開始時間を10分遅く勘違いしてて、慌てて走ったけど予告編のおかげで致命傷はまぬがれた

 

■2割が「広告にイラッと」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,362名を対象に「映画館の広告」について調査したところ、全体の2割が「イライラする」と回答。投稿者に共感する人は決して多数派ではないものの、一定数存在していることがわかる。

 

とはいえ、メリットを感じている人がいるのも事実。予告が苦手な人は、「5分遅く入る」くらいの気持ちでいるのがいいのかもしれない。

・合わせて読みたい→夜道で前方を歩く女性が自分を警戒…こんな時男性はどうすべし?

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年11月25日~2016年4月28日
対象:全国20代~60代の男女1362名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu