文章ってこわい…! 「人に誤解を与えた」LINEエピソード3選

LINEやメールがきっかけで人に誤解を与えることも。


 

③「冷たい人」と思われる

「目上の人から食事に誘われたときに、『ごめんなさい。その日は予定があり行けません』と伝えたら、『誘ったら冷たく断られた』と裏で言われたことがあります。


もし直接会っていたら『ごめんなさーい。その日は予定があってー無理なんですー』とか明るい感じで言えたのだけど、文章だとなかなかそんな風にも打てないし難しい…」(20代・女性)


関連記事:父親が育児に関わらなかったことを知った夫 「すばらしい一言」に称賛が相次ぐ

 

■文章だけでくると寂しくなる人はどれくらい?

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代男女1,498名を対象に調査したところ、「メールやLINEで絵文字や顔文字がない文章はぶっきらぼうに感じる」と答えた人の割合は20.6%。

メール

細かいニュアンスが伝えづらいメールやLINEだからこそ、誤解も起きやすい。時と場合に合わせて絵文字や顔文字を使うことが、うまく気持ちを伝えるコツなのかも。

・合わせて読みたい→安室奈美恵を見た子供たち 母親に放った「無慈悲な一言」に悲鳴が続出

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1498名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)