ヒロミ、千鳥・サンドウィッチマン・三四郎らに嘆き 「最近の芸人は真面目すぎる」

『イッテンモノ』にゲスト出演したヒロミが、千鳥・サンドウィッチマン・三四郎・スピードワゴンらに「今と昔の芸能界の違い」を熱弁した…

エンタメ

2018/09/06 11:00


 

■視聴者からは賛否

おおらかな時代に活躍したヒロミに今の芸人らはある種の憧れを抱いているようだった。視聴者もそれを感じているようだ。

しかし反面、ヒロミの態度に「偉そうでウザイ」「飲み会のうっとおしい上司」「昔の武勇伝語るおっさん」など、嫌悪感を覚えた層もいた。


関連記事:千鳥・大悟の不器用で男気のあるプロポーズが話題に 「かっこよすぎる」とネット大絶賛

 

■2割は「過去の自慢話を語りがち」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,348名を対象に調査したところ、全体の20%が「人生の絶頂期だった頃の話をよくしてしまう」と回答した。

人生の絶頂期性年代別グラフ

ヒロミの場合は周囲が「聞きたい」と望んでいるのもあり、リップサービスの意味も込めて「過去の栄光」を語ったのだろう。

周囲が望んでいるなら別だが、聞いてもいないのに過去自慢をする人も少なくない。「ウザイ」と思われてしまわないよう願うばかりだ。

・合わせて読みたい→佐藤仁美、過去に交際した「ユーモラス俳優」巡り三四郎・小宮に激ギレ

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)