真矢ミキ、亡くなった母の「魔法の言葉」明かす その意味に感動の声が相次ぐ

真矢ミキが88歳で亡くなった雪子さんとの思い出を語る。「魔法の言葉」に感動の声も…。

真矢ミキ

女優・真矢ミキが8日に自身のブログを更新。10月27日に心不全のため88歳で亡くなった母・佐藤雪子さんから教えられた「一言」を明かした。


 

■「普通にかえる感覚を私に植え付けた母」

亡くなった雪子さんについて、真矢は「もっと生きていて欲しかったのは本音 もっと語りもっと寄り添いたかった」とつづる。

サラリーマンの父、専業主婦の母という「普通の一般家庭」を過ごした真矢だが、なんでも手作りしてくれる雪子さんの普通を楽しむ「やりくり上手な愛情」を受けて育ったという。

真矢が15年をかけて宝塚歌劇団のトップになったときは、「そのいただいた花束を置いて、早くゴミ出ししてきなさい」「下の後輩たちに、直ぐにトップの立場譲ってあげなさいよ、貴女より実力も容姿も綺麗な人ばかりなんだから」と真矢が天狗にならないよう、厳しい言葉をかけられたこともあったようだ。

真矢は、雪子さんについて「おごらず、いつも普通にかえる感覚を私に植え付けた母だった」と語る。


関連記事:田中圭、彼女の妊娠が発覚したときの本音を吐露 「ありえない」「不快だわ」

 

■雪子さんからの魔法の言葉

そんな雪子さんの口癖は「普通が一番」。血気盛んだった真矢にとって、普通という言葉は物足りず、魅力を感じなかったという。

しかし、雪子さんが亡くなった後、この言葉の意味がわかってきたようで「善き時も悪しき時も、普通に戻る精神を持ちなさいという事なのか」と普通の大切さを理解する。真矢はこの言葉を「魔法の言葉」とつづる。父も母も他界した真矢だが、「あの母親の子ですから、なんか大丈夫な気がしています」と前向きな気持ちを語る。

真矢はブログの中で、「何があったって、いつもと変わらぬ生活に戻れる強さが大切なのかもしれない」「時は過ぎていく 何があっても、何事もなかったように、時は過ぎていく…」と普通であり続けることを意識しているようだった。

次ページ
■ブログには感動の声が

あなたにオススメ