「このカキフライは長州力だね」 プロレスラー・武藤敬司の食レポを有吉マツコ絶賛

『マツコ&有吉 かりそめ天国』でプロレスラー・武藤敬司が食レポに挑戦した…

武藤敬司
(画像は武藤敬司Twitterのスクリーンショット)

プ女子と呼ばれる女性ファンを獲得するなど、ブームが再燃しているプロレス。そんな日本マット界の至宝、WRESTLE-1の会長も務めるプロレスラー・武藤敬司(55)が14日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で食レポに挑戦した。

昭和のプロレスファンでもあるマツコ・デラックス(45)、有吉弘行(44)らも武藤の食レポに興奮。視聴者の注目も集まっている。


 

■1人での食レポに緊張

1人での食レポは初めてという武藤。「レスラーは肉体で表現するから言葉のレパートリーがない」と不安を口にしながらロケがスタートした。

この日は「タルタルソース四天王を制覇する」というロケ内容。1軒目は築地のフランス料理店でカキフライを食す。

オープニングの不安も何のその、店舗を紹介しつつ着席まで非常にスムーズにロケは進む。料理が運ばれてくると「うわー、スゴイ量のタルタルソース」と見た目を伝え、隠し味を聞いて「ハチミツだぁ」と感嘆。その食レポの様子をマツコらも「いいねえ」「うまいわ」と絶賛した。


 

■見事なプロレスラー例え

美味しそうにカキフライをほお張り味を伝える武藤。これを「プロレスラーに例えると誰か」尋ねられ「この丸さが長州力だな。カブトムシのメスだって俺たちの中では言われている」と見事に切り返した。

続いて渋谷のエビフライ専門店で出された巨大なエビフライを「海老のアンドレ・ザ・ジャイアント」と例えスタジオを沸かせる。

寿司店のカツオのレアフライに添えられた和風タルタルソースを口にすると「イメージと違う、邪道ではないですか?」と店主とトークを交わしながら、邪道プロレスを提唱した「大仁田厚」と例える。しかしながら「例えが悪かったな…」と反省する姿ものぞかせた。

次ページ
■視聴者も絶賛

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ