2018生放送中の衝撃ハプニング5選 「怖すぎる台風中継」「局アナがまさかの…」

2018年は、怖すぎるものから、ほっこりするものまで、様々な生放送中のトラブルが。今後の在り方を

エンタメ

2018/12/29 16:00

 

■『グッディ』ミタパンの台風中継に抗議殺到

三田友梨佳アナウンサー
(画像は三田友梨佳公式Instagramのスクリーンショット)

9月4日放送の『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)では、台風21号が四半世紀ぶりに非常に強い勢力を保ったまま関西地方に上陸したことを受けて、三田友梨佳アナが大阪・道頓堀から中継。

しかし、西日本では同日風速50メートル超の暴風が吹き荒れており、三田アナは猛烈な風にしゃがみこんでしまう。さらに、カメラも暴風に煽られ中継は突如中断。この光景に「こんな状況で外からレポートさせるなんて…」「公然パワハラでは?」など、安全面の見直しを求める声が寄せられた。

→記事はこちら


 

■『おはよう日本』和久田アナのペットボトルが…

テレビ番組
(alfimimnill/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

10月15日放送の『おはよう日本』(NHK)では、VTRからスタジオの映像に切り替わると、和久田麻由子アナがペットボトルの水を飲もうとする瞬間が映されてしまった。

映像が切り替わったことに気づいた和久田アナはペットボトルをテーブルに置き、冷静にそのままニュース原稿を読み番組を進行。視聴者からは「アナウンサーは喉が大事なんだし、こんなことで苦情を言わないでほしい」「なんだかほっこりした」といった声が寄せられた。

→記事はこちら

次ページ
■『24時間テレビ』義足での登頂シーンに羽鳥アナ激怒

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ