ヒカキン、自宅が想像を絶するゴミ屋敷で悲鳴 「ヤバすぎ…」「猫がかわいそう」

ユーチューバーのHIKAKIN(ヒカキン)が自身の「ゴミ屋敷」を公開。あまりの惨状に悲鳴が…。

ヒカキン

ユーチューバーのHIKAKIN(ヒカキン)が30日に自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。3年住んだ部屋を引っ越すことを明かし、話題になっている。


 

■3年でゴミ屋敷に…

2015年12月から3年以上も住んでいる家から引っ越すことを決めたと明かしたヒカキン。その理由として「物が増えすぎて手狭になった」「最高の物件に出会った」「30歳になるため新しいスタートを切りたい」と3つを挙げる。

仕事柄たくさんのアイテムを購入することから家中が物で溢れて「ゴミ屋敷」になってしまったとし、引っ越しが決まったこの際に、カメラには映らなかった「真の姿」を公開することにしたようだ。


関連記事:ヒカキン、ユーチューブ有料版の魅力語る 一部で「言わされてる感」と心配の声も

 

■ゴミ捨てや掃除は「無理」

HIKAKIN(ヒカキン)
(画像はヒカキン公式YouTubeチャンネルのスクリーンショット)

動画で紹介したアイテムが散乱したリビング、ゴミが物が詰め込まれすぎて入れない2部屋、購入してまだ開封していないダンボールが大量に並ぶ玄関などを紹介し、これにはヒカキンも「足の踏み場のないゴミ屋敷」と自虐気味に笑いを誘う。

また、360度洋服で囲まれたクローゼット部屋を紹介した際には、「服いっさい捨てたことないんでね」と告白。一度購入したものは捨てられず大切にとっておくタイプのようだ。

動画終盤では、毎日忙しいユーチューバーという仕事をこなしていると「ゴミ捨て、掃除、洗濯。もうそんなのはね、無理」という思いになるとし、家政婦やお手伝いの人に助けてもらうことも検討しているという。

次ページ
■「ちょっと引いた」「猫がかわいそう…」の声

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ