「ブス」「貧乏くさい」 人気ユーチューバーがアンチの誹謗中傷に悩み 「精神崩壊寸前」

『中居くん決めて!』で人気YouTuberのはらぺこツインズがアンチコメントの悩みを吐露した…

 

■中居の結論は…

「ユーチューバーのキャッチコピーは『好きなことで生きていく』だけど、好きだけではどうにもならないことがいっぱいある」と頭を抱える2人に、岡井千聖は「アンチコメントがなくなることはない」と断言。

トレンディエンジェル・たかしは「悪口を言う人は自分より下の人間って僕は思っちゃう」と持論を展開する。

最終的に中居の出した結論は「受け入れるべき」。中居は、2人の中で「頭の中ではスルーして返信できる」ぐらいに聞き流せる時期にきていると推測。「見る目、聞く耳がしっかりしている。受け入れてもいいんじゃないかな」と2人の背中を押した。


 

■視聴者は応援

中居の結論に「少し自信につながった。これからも頑張っていきたい」と笑顔をみせたはらぺこツインズ。視聴者も苦悩を抱える2人を応援している。


■生活できるなら…

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,358名を対象に調査したところ、「生活できるならユーチューバーになりたいと思う」のは全体の2割以下だと判明した。
大食いという特技を生かし、同世代の女性より収入を得ているはらぺこツインズ。彼女らのような存在に憧れる層は一定数いるようだ。アンチコメントが寄せられるのは、嫉妬の裏返しとも言えるのだろう。

・合わせて読みたい→「チャンネル登録お願いします!」 ユーチューバーの必死の願いも虚しく…

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の男女1,358名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ