ゴルフの素振りをしていただけなのに… 83歳男性が目にした「まさかの光景」に騒然

83歳男性が河川敷でゴルフの素振りをしていたところ、火花が起こって火事になり、1300平方メートルを焼いてしまったという。

社会

2019/03/05 15:00

燃え盛る炎
(©ぱくたそ)

駅のホームでビニール傘を手に素振りの練習をする……ゴルフはハマると、とても楽しいスポーツだ。しかし、この素振りという行為は、周囲に迷惑をかけない場所でしなければならない。

4日、なんとも珍しい経緯で起きた火災に、ネット上で注目が集まっている。


 

■河川敷1300平方メートルが焼ける

報道によると、火災が起きたのは山形県寒河江市内の河川敷。

近くの多目的運動場の職員によって「枯れ草が燃えている」との通報があり、消防署員が出動。45分後に消火されるまで、枯れ草約1300平方メートルが焼けることになったという。


 

■アスファルトとこすれて発火?

気になる出火原因だが、当時、近くのアスファルトの遊歩道で83歳の男性が、金属製のゴルフのドライバーを使って素振りをしており、気がつくと近くの枯れ草から火が出ていたという。

男性はドライバーで叩くなどして、自力で消火しようと試みたものの、消すことができず、前出の職員に助けを求めることとなった。署によると、ドライバーが地面とこすれた際の摩擦で火花が散り、枯れ草に引火した可能性もあるとのことだ。

次ページ
■驚きと注意の声

あなたにオススメ