山田菜々(26)「日々生きるのに必死」と告白 切実な理由に共感の声「わかる」

元NMB48の山田菜々(26)が、自身のインスタに「日々生きるのに必死」と投稿。その理由に共感の声が相次ぐ。

山田菜々

元NMB48で現在はタレントとして活躍する山田菜々(26)が6日、自身の公式インスタを更新。「日々生きるのに必死」と明かし、その理由に注目が集まった。


 

■日々生きるのに必死…な理由とは

「花粉すごいね」と切り出した山田。その後、「日々生きるのに必死だよねw」と続け、花粉症で現在、苦しい生活を送っていることを明らかにした。

たしかに花粉症は辛い。くしゃみが止まらなくなるなんてのは序の口であり、目が充血し、夜も眠れず、結果的に肌は荒れ、薬を飲めば頭がボケて、仕事で失敗し、人によってはそれら一連の症状が原因で職を失ったり、妻に逃げられたり、破産することもあるかもしれない。

幸い、山田はそこまでではない様子だが、「お肌もなかなかにやられちゃう」と、肌トラブルには見舞われていることを告白。そして、「針で調子戻してもらいました」と述べ、施術中の写真もアップした。


関連記事:桑田真澄氏の次男・Matt、最新ビジュアルに騒然 「もはやCGにしか…」

 

■「わかる」「針が痛々しい」

この投稿に対し、ファンからは……

「花粉やばいよ」


「昨日天気悪かったから今日、花粉おおいのかな?? 気をつけてねー」


「2枚目びっくりしたやん! 花粉ヤバいわ」


「針が痛々しいよ」


「わかる。花粉症つらいよね」


「見てるだけで痛そう。効果は有りそうだね」


などの声が。


■4割弱が花粉症を自覚

もはや「国民病」と表現して問題ない花粉症。「なぜスギやヒノキの性行為に、俺たち人間が巻き込まれないといけないのか……」と思ってしまうところだが、該当者はどれだけいるのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,589名を対象に調査したところ、全体の38.4%が「花粉症だ」と回答。

男性の37.2%に対して、女性では39.5%とわずかに女性のほうが多い結果となった。山田と同じく、毎年春に苦しんでいる人は少なくないようだ。


山田含め、多くの人が一日でもはやくこの辛い毎日から解放されればいいのだが……。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ