浅野忠信、「顔面傷だらけ」の写真に衝撃 「最高」の声が上がるワケ

俳優の浅野忠信が7日にインスタグラムを更新。衝撃的な写真を投稿し話題を集めている。

エンタメ

2019/03/08 20:00

7日、俳優の浅野忠信が自身のインスタグラムを更新。ウィットに富んだ投稿が多い彼だが、衝撃的な一枚をアップして絶賛の声があがっている。



 

■顔面が傷だらけ…

話題を集めているのが、こちらの投稿。画面いっぱいにアップにされた浅野が写っており、クールかつ穏やかな表情で微笑んでいる。そして、その顔面には無数の傷跡が目立つ。

一見かなりショッキングな一枚だが、これは当然役柄によるもの。2001年公開の映画『殺し屋1』にて主人公・垣原雅雄を演じた際の写真だ。

設定では拷問によりできた痛々しい傷のはず。しかしなぜだろう、浅野の優しいオーラからか、驚きはするものの怖さを感じさせない一枚に仕上がっている。


関連記事:桑田真澄氏の次男・Matt、最新ビジュアルに騒然 「もはやCGにしか…」

 

■懐かしさにファン歓喜

普段、彼のインスタグラムにはアーティスティックな絵が投稿されることが多い。その分、本人の写真が投稿される頻度は低くなっている。

もちろん現在の姿を映した写真も嬉しいが、逆に思い出を想起させる過去の写真は、ファンにとってはたまらないものだったようだ。

「はぁ~好きが止まらない」


「これはやばい」


「最高!!!」


また、当時の映画を知らない人は金髪に赤い衣装を身にまとっている姿から、メイプル超合金・カズレーザーを連想する人もちらほら。

「一瞬、カズレーザーかと思いました」



「どうみてもカズレーザーさん(笑)」


同時に、この写真は20代の頃のものであるためか「綾野剛にも似てる」といった意見も。


■芸能人に似ていると言われたことはある?

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,537名を対象に調査したところ、「芸能人に似ている」と言われたことがある人はおよそ3人に1人。

なお、男女別・年代別で見てみると、当時の浅野と同じ「20代男性」は最も割合が低かった。

芸能人

ダンディなオーラと茶目っ気たっぷりな性格が魅力の浅野。今後も様々な投稿でファンを含め、多くの人々を楽しませる投稿をしてくれることだろう。

・合わせて読みたい→西内まりやが透けるインナーでセクシーショット 胸の谷間に「攻めてる」の声

(文/しらべぇ編集部・ステさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)