リア・ディゾン、ブレイク当時の写真を公開 「懐かしい」とファン歓喜

「グラビア界の黒船」としてブレイクしたリア・ディゾンがインスタグラムを更新。20歳の頃の写真を披露した。

エンタメ

2019/03/16 06:30

「グラビア界の黒船」のキャッチコピーで日本の芸能界を席巻したリア・ディゾンがインスタグラムを更新。20歳のときに撮影した振り袖姿を披露して、ファンから「懐かしい」と喜びの声が上がっている。


 

■投稿には2枚の写真をアップ

View this post on Instagram

1 。成人式の日 2 。最近のセルフィー🤳🏻 #throwback #tbt Just checking in! How are you today💕? 今朝、5時にパッと目がさめて、そのあと寝られなかった。 最近はサマータイム時間にかわったから、1時間早くなって、今日は特に眠いです。💤。 アメリカには「throwback Thursday」があります。意味は木曜日に昔の写真📷をアップをします。最初の写真はすごくハッピーなものが多かったよね☺️✨! アメリカでは「sweet sixteen」という日本の成人式のようなパーティーがあるんだけど、私が16歳の時は家庭的に余裕がなかったから開けなかったんだ。あとあまり友達がいなかったの😅。でも成人式の時ちょうど私は日本にいて、たくさんの人からお祝いの手紙がきた時はすごく嬉しかった💕💕 (((o(*゚▽゚*)o)))♡!ありがとう、日本!永遠に感謝しています💕。愛してるよ🖤。 そう言えば、インスタグラムで誰かがこんな事を書いていて、皆にも聞きいてみたたかったの✨: 「あなたがもし、若い時の自分に何か伝える事ができるとしたら、何を言いますか❓」 🖤🖤

A post shared by 𝕃𝕖𝕒𝕙 🖤リア・ディゾン🖤 (@leahdesu) on

15日にインスタグラムを更新したリアは2枚の写真をアップ。1枚目は成人式の頃に撮られたもの、2枚目は最近撮った自撮り写真だ。

アメリカには木曜日に昔の写真をアップする「throwback Thusday」というものがあるそうで、「最初の写真はすごくハッピーなものが多かった」と説明している。つまり、成人式の写真はリアにとって特別な1枚のようだ。


関連記事:みやぞん、24時間マラソンのカラクリ明かし騒然 「あれは上手くできてる…」

 

■日本への感謝の気持ちをつづる

アメリカには日本の成人式のような「sweet sixteen」と呼ばれるパーティがあるのだが、リアは16歳当時家庭的に余裕がなく、さらには友達も少なかったため、参加できなかったそう。

しかし、日本の芸能界で仕事をしていた20歳のとき、成人式の日にたくさん祝福の手紙が届いたらしく、「すごく嬉しかった」と当時を回顧。「ありがとう、日本! 永遠に感謝しています。愛してるよ」と感謝の気持ちをつづっている。

次ページ
■投稿にはリアの質問への回答も

この記事の画像(2枚)