『ヒルナンデス』ハリセンボンが卒業 南原清隆の対応に驚きの声

『ヒルナンデス!』にて、5年間水曜レギュラーを務めたハリセンボンの2人が卒業。出演者を気遣う南原清隆とのエピソードには驚きの声が…

ハリセンボン・近藤春菜・箕輪はるか

27日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にて、5年間レギュラーを務めたお笑いコンビ・ハリセンボンの2人が、同日の放送を最後に卒業することが発表された。

視聴者からは、番組を盛り上げてきた2人の卒業を惜しむ声が相次いでいる。


 

■富士急ロケで卒業を発表

よゐこ・濱口優とベッキーをゲストに迎え、富士急ハイランドを訪れた4人。

企画の冒頭で近藤春菜が「実はですね…」と切り出し、「私たちハリセンボン、2014年4月からレギュラーとして出演していただいているのですが、この3月をもって卒業します」と発表。

「今言う!?」とゲストの2人から突っ込まれたが、「ドッキリ」などではなく卒業は事実のようだ。


関連記事:『MOCO’Sキッチン』速水もこみち卒業発表に視聴者騒然 「切れたの!?」

 

■南原清隆、出演者への気遣い

観覧車の中で、メインMC・南原清隆との思い出を語り始めた2人。

春菜は「南原さんて本当に凄いなと思うのが、毎週水曜日メンバーにマンガを買って差し入れしてくれるんです。読んでる人に、最新刊を持ってきてくれるんですよ」と、知られざる舞台裏の様子を吐露。

箕輪はるかは、はじめ周囲と馴染むことができなかったそうだが「それを見た南原さんから、本番前にお茶を出す係に任命されて…」と、会話をするきっかけを作ってくれたという。

出演者を気遣う南原の人柄に、春菜は「あんなMC見たことない」と感嘆の声をあげた。


■「寂しい…」「南原さんすごい!」

突然の卒業発表に、視聴者からは「寂しい」といった声が相次いで寄せられている。

また、出演者を気遣う南原の対応にも驚きの声あがった。

5年間、体を張ったロケにも挑戦し、全力で番組を盛り上げてきた2人。同番組を巣立ち、さらなる活躍に期待したい。

・合わせて読みたい→近藤春菜、中居正広に見せた無意識な乙女行動にガチ照れ 「ただの女じゃん」

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

この記事の画像(8枚)


あなたにオススメ