田舎の物置に眠る物をメルカリで売ったら超高額に!? 実際に探してみたらスゴい物を発見

捨てるのはもったいない! 物置に眠るかくれ資産をチェック

ライフ

2019/04/02 09:00

 

■クマの木彫りやマンガも売れる

このよく田舎にありそうな牛の角や木彫りのクマの置物は、1個数千円前後でメルカリで売られていた。

蔵の中には10個ぐらいあったので、すべて売れたとしたら3万円前後だろうか?


 

■ゴーマニズム宣言は高額

また、マンガも数百冊はありそうだったが、メルカリのアプリでチェックできる想定金額を見るとだいたい1冊300円前後でメルカリで取引されていた。

ただ、こちらの『ゴーマニズム宣言』は1,000円以上で取引されており、わりと売れていたので、こういった高額マンガを探すのも楽しいかも。


■バブリーなミンクのコートを発見

ほかにもお雛様や人形などたくさんあり、おそらく蔵の中にあるだけで20~30万円になりそうだったが、最後に驚くものを発見! なんと、バブリーな時代に数百万円で購入したというミンクのコートがあるではないか!

30年以上前に買ったのに毛艶も良く、保存状態はかなり良い。

ミンクのコートは高いもので30万円以上するものもあったため、高く売れそうなものを探せば1世帯あたりのかくれ資産平均額70万円に到達することも少なくないと感じた。


■かくれ資産がないか実家に確認すべし!

実際に取材してみると、物置で眠っているものを売ればわりといい金額になる可能性も十分にあることを実感。ちなみに、かくれ資産をもっとも多く持っているのは60代女性で、平均額は49.8万円なのだそう。

田舎に60代の母親や祖母を持っている人は、売れそうな不用品がないか一度聞いてみるのもいいかもしれない。額によっては海外旅行や高級レストランで家族で食事できるレベルの収入になることもあると思うので、そのまま捨ててしまうよりも絶対にいいゾ。

・合わせて読みたい→エクササイズマシンを購入 継続して使っている人は若い世代に

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(9枚)

あなたにオススメ