中川翔子、免許証公開も本名が「斬新すぎる」と話題に 改名考えた過去も明かす

タレントの中川翔子が取得した免許証写真をツイッターで公開。記載された本名がネットで話題に。

エンタメ

2019/04/11 06:45

中川翔子

タレントの中川翔子が、9日、自身のツイッターを更新。運転免許証を取得した喜びを綴ったその投稿には、もらったばかりの免許証の写真が。それ自体もネットで話題になったのだが、なかでもとくに反響があったのはその「本名」だった。



 

■本名「中川しようこ」

「運転免許、ゲットだぜ!!!!!」と歓喜の声を上げた中川は、「仮免から学科、技能、ぜんぶ一発合格できました!!良かったあああああああああやった」とその喜びを綴る。

免許証は住所以外の部分をほどんど公開し、「平成33年〜まで有効」と存在しない年号が記載されていることや、証明写真が美人すぎることなどが話題に。

なかでも最も盛り上がりを見せたのは「中川しようこ」という本名で、「よ」の文字が小字ではない点にネットは興味津々の様子だった。


関連記事:中川翔子、「15分で描いたイラスト」の完成度がヤバすぎると衝撃

 

■改名を考えたことも…

本名について、中川は別のツイートで言及。当初は「薔」という漢字を使い「薔子(しょうこ)」としたかったようだが、当時は使用できなかったらしく、あえなく別の名前を考えることに。

しかし「しょうこ」という読み自体は揺るがなかったようで、親が届出に「しょうこ」と平仮名で殴り書きしたところ、「よ」が大きく登録されてしまったのだという。

現在では「薔」が使えるようになったことから改名も考えたそうなのだが、「しようこ」が画数的に良い運勢を示しているという理由で、そのままにしているという。中川はこの顛末を「結果オーライ」と捉えているようだ。

次ページ
■「斬新すぎる」と大反響